妊娠中にいきむのが心配でひどい便秘に!【体験談】

妊娠中に便秘になってしまう人は多いです。

その原因として、お腹の赤ちゃんが気になって思い切りいきむ事が出来ずにひどい便秘になってしまうという人もいます。

今回は、妊娠中にいきむのが心配で便秘になってしまった体験談をご紹介します。

鉄剤の服用で便秘に

妊娠中、検診に行き毎回血液検査をするのですが、赤血球が少なく鉄剤を処方してもらっていました。

その時先生から、「鉄剤で便が黒っぽくなって便秘気味になるから気をつけてね」と言われました。すると案の定、妊娠初期から便秘気味だったのが輪にかけて、鉄剤のおかげでひどい便秘になってしまいました。

つわりで食欲も落ちていたので余計に便が少なかったのも原因の1つだったのでしょう。

便意を感じトイレに行っても気張りすぎるとお腹の赤ちゃんも出てくるのではと心配してしまい、なかなか力いっぱいにいきむことができず、どんどんお腹が苦しくなり、妊娠中便秘がひどくなりました。

妊娠中の便秘解消の為にした事

ひどくなってしまった便秘を治すために、お腹の赤ちゃんに影響しないよう強すぎず弱すぎずの力で暇さえあればお腹をマッサージしていました。

四つん這いになったり、歩いたりと腸の動きを促す運動をしたりと、少しでも便意をもよおすよういろいろ努力しました。

また、少しでも便意を感じたら即座にトイレに行き、少しずつでも便を出そうと努力しました。食べ物に関しては、お米を食べると便秘によいと聞いたのでご飯を食べるようにしたり、便秘に効くと言われるヨーグルトを食べたりして改善しようと思いましたが、なかなか改善しませんでした。

妊婦の便秘解消の為に整腸剤を

どんな対策を講じても便秘は改善しないので、産婦人科の先生に相談し、妊婦でも飲める整腸薬を処方してもらいました。

薬を飲んで効いたのか、ものすごい便意を感じトイレに行きましたが、相当便秘がひどくなかなか出ませんでした。

お腹の赤ちゃんを心配しながらトイレで格闘しました。その時は暑い季節だったので汗だくになっていました。少しずつ便が出始め、数10分後、なんと真っ黒の野球ボールのようなカチカチな便が出ました。

あまりにまん丸だったので、自分でもすごくビックリしました。そのせいで痔になってしまいましたが、そんなことより、たまっていた便が出てくれた事が嬉しかったので、痔のことは正直どうでもいいと思ってしまいました。

その後は整腸剤のおかげで便秘も安定したのと、お腹が大きくなるにつれて腸を圧迫し始めためか便秘が改善しました。

妊娠中にいきむのが心配でひどい便秘にのまとめ

妊娠が原因で便秘になって痔になってしまったという話は出産後よく聞きます。

私の場合は軽い便秘でもいつかは出るだろうと軽い気持ちでいたのですが、その結果ひどい便秘になって大変苦労しました。

初めての妊娠の時のことだったので、産婦人科という場所に慣れておらず、胎児の成長だけを気にして先生にあまり質問もできませんでした。そして、便秘はあまり関係ないと思い誰にもなかなか相談できませんでした。

自分が便秘気味と思っているのなら、妊娠中は特に対策を行った方がよいと思います。自分の体調のささいな変化を助産師さんや先生にもっと早く相談していれば便秘もひどくならずに済んだかもしれません。

胎児の成長も大事ですが、自分の体も大事ですので少しの変化も見逃さず、すぐに相談した方がよいと思います。

(投稿者:きゃぱさん)