【妊娠初期】つわりはいつから?気になるつわりの症状

「これってつわり?」妊娠初期に気になる「つわりの症状」と「始まる時期」

gf2160212383

妊娠初期に妊婦さんが一番つらいと感じるのが「つわり」。
つわりは8割以上の妊婦さんが経験すると言われますが、その程度や症状は千差万別です。
ほとんど感じなかったという人もいれば、入院するほど重いつわりの方も珍しくありません。
つわりはどういうもので、いつから始まるものでしょうか?
今回は妊娠初期のつわりについてまとめてみました。

妊娠初期 つわりはいつから?

では妊娠初期のつわりはいつから始まるのでしょうか?
早い方は妊娠5週くらいから、もう体に異変を感じるようです。
始めは「ちょっと体調が悪いな」と感じる程度のものですが、妊娠週数が進むにつれて重くなり、妊娠8週から12週くらいにつわりのピークを迎えます。
妊娠16週くらいになると症状がおさまる方も多いですが、中には出産するまでつわりが続くかたもいるようです。

つわりの症状ってどういうのがある?

つわりというと「いきなり襲ってくる吐き気」のイメージが強いですが、実は様々な症状があります。ひとつひとつ見ていきましょう。

吐き気・むかつき

やはり一番大きな症状は、吐き気です。
吐くまではいかなくても、二日酔いのような胃のむかつきや気分の悪さを感じる方は多いもの。
空腹になると吐き気を感じやすいので、ちょこちょこと何かを口にして空腹になる時間を作らないよう工夫するといいですよ。

もし吐き気がひどく水分も取れないならば、脱水症状が心配です。
早めにかかりつけの産院で診てもらうようにしましょう。

においに敏感

つわりの時は、なぜかにおいにとても敏感になります。
またにおいの好みがガラリと変わることも珍しくありません。
妊娠前に好んで買っていた歯磨き粉の香りや柔軟剤の香りで吐き気をもよおしたり、出来立てほかほかの料理のにおいで気分が悪くなったりもします。
これは「においづわり」とよばれ、非常によくあるつわりの症状です。

眠気

耐えられないほどの眠気を感じるつわりもあります。
寝ても寝てもまだ眠い、睡眠薬を飲んだ時のような強烈な眠気がある…という時は「眠りづわり」と言われる症状かもしれません。
眠りつわりを感じる時は、おなかの赤ちゃんがママに休んでほしいと感じている時です。無理せず休むようにしましょう。

さいごに

つわりにはそのほかにも、いろいろな症状があります。
妊娠初期に「食べ物の好みが変わる」、「よだれが増える」「腰が痛い」などいつもとは違うの体の変化があるなら、それはすべてつわりの可能性がありますよ。
つわりの時は無理をしないのが鉄則です。
赤ちゃんのための休息時間と考えて、のんびりゆったり体を休めるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。