産後の尾てい骨の痛み!お尻が痛い原因は骨盤の歪み

出産後のママはさまざまなトラブルが多くなりますが、多いのが産後の尾てい骨、お尻周辺・骨盤周りの痛み。

骨盤の歪みによって引き起こされているお尻の痛みは

寝返りをすると痛い
歩こうとすると痛い
立ち上がったりしゃがんだりすると痛い
お尻の尾てい骨の所が痛い

など、しょっちゅう痛みが出るので産後の疲れもあるのに辛いものです。
今回は産後のおしりの痛みの原因や対策についてまとめてみました。

出産後のお尻が痛い原因は骨盤の歪み

お尻の痛みは右側や左側など片方だけだったり、両方痛む場合もありますが、これは妊娠出産に伴い骨盤が開いた状態で歪みが起きてしまったからです。

妊娠出産でリラキシンというホルモンが分泌されますが、このリラキシンは骨盤の靭帯・関節を緩める働きがあります。

赤ちゃんが産道をスムーズに通れるようにするための母体の自然な準備ですが、この時に歪みが起きてしまうと、筋肉に負荷がかかったりして痛みが起きやすくなります。

産後のお尻の痛みはいつまで?

骨盤の具合によって個人差がありますが、大体産後半年くらいで開いた骨盤は元に戻っていきます。ですがこの時期に無理な姿勢を続けたりすると歪みが出た状態のままですので、痛みは続いていきます。

産後半年以内に正しい骨盤矯正をしておくと骨盤周りのトラブルが減ったりします。またダイエットにも産後の骨盤矯正は重要と言われています。

産院によっては産後すぐに骨盤を締めるように腹帯や骨盤ベルトの指導がある場合もあるので、骨盤が歪まないようにすることは大切な事なのです。

お尻の痛みを和らげるには

骨盤の歪みや股関節の痛みに効果的なストレッチがあります。

このようなストレッチを行うことで、骨盤の歪みが改善されてお尻の痛みが和らぎます。

産後の尾てい骨の痛みにはトコちゃんベルトもおすすめ

腰痛と尾骨の痛み緩和の為に、トコちゃんベルトを使用する人も多いです。

トコちゃんベルトは妊娠初期から産後まで使える骨盤サポートベルトです。産婦人科で推奨されたりもしますよね。

妊娠中の骨盤関節のゆるみを防ぎ、産後の骨盤関節のゆるみの回復を促進させるため、お尻の痛みや腰痛、産後の大尻、O脚の軽減に良いとされています。

トコちゃんベルトのような骨盤ベルトを使って骨盤の位置を固定してあげると、痛みが緩和されます。

産後は骨盤を閉めると体重の戻りも違いますのでおすすめです。

 

また、整体で骨盤矯正をして歪みを調整してもらうことで、かなり痛みが落ち着く事があります。

ただ、あまりに痛みが酷い場合には、産後の体調にも関係する可能性もありますので、産婦人科で診てもらうことをおすすめします。