夏に赤ちゃんが寝る時の注意点|服装やエアコンはどうする?

暑くても寒くても、自分で服の脱ぎ着が出来ない赤ちゃん。
赤ちゃんにとっては、ママが選んでくれる服や室内環境で快適に過ごせるかどうかが決まってきます。
特に大汗をかきやすいのが寝る時です。赤ちゃんが寝る時に適切に対処していないと、寝冷えして風邪をひかせてしまうこともありますよ。
赤ちゃんにはどのような服を選び、どのような環境にすれば快適に眠ることが出来るかまとめてみました。

夏の時期に赤ちゃんが寝る時の服装は

まだ体温調節が上手ではない赤ちゃんは、汗をかくことで自らの体温を調節しようとしています。
寝入りばなに大汗をかくのはそのため。体温を下げて深い眠りに入りたいから、たくさん汗をかいて体を冷やしていくのです。
ですから、寝入りばなは赤ちゃんが体温を下げたいんだということを頭に入れて、大人にとっては少し寒いなと感じる服装を着せてあげましょう。
普段より一枚少なく着せる程度で構いません。

また赤ちゃんは首元や背中に汗をかくことが多いもの。
寝る前に汗取りガーゼなどを赤ちゃんの背中に差し込んでおき、汗をかいたら交換してあげるようにすると、赤ちゃんが汗で寝冷えすることがなく安心です。

布団はどういうのがいいの

赤ちゃんは汗っかきなので、体温がこもるような布団は避けたほうが無難です。
夏は、通気性がいいタオルケットやガーゼケットなどがいいですね。
大人サイズやジュニアサイズなど大きすぎるものだと熱がこもって暑いので、赤ちゃんが手足が出せる程度の大きさで、おなか周りだけカバーできるようなものを選びましょう。

また敷布団もさらっと涼しくて肌触りの良い、綿や麻のものをおすすめします。
汗をかいたらこまめに洗って、清潔に使うことを心がけましょう。

エアコン(冷房)はつけた方がいいの

自然の風で眠ることが出来れば理想ですが、熱帯夜が続くここ近年ではエアコンなしで眠ることがなかなか難しくなってきました。
快適に過ごせるエアコンですが、あまり効かせすぎると寝冷えのもとです。
使う時は最低限の温度設定にし、室内が冷えすぎないように注意しましょう。

昔はエアコンが体に悪いとされていましたが、28度程度で弱くつけておく程度でしたら、赤ちゃんにも影響はありません。
むしろ、無理して暑さを我慢しているほうが、母子ともにストレスになりますよ。適度にエアコンを使って、上手に夏を乗り切りましょう。

夏は汗かきの赤ちゃんにとってはつらい季節。
汗はあせもやかぶれの原因になり、かゆくて夜泣きをする子も多いもの。こうなると、親も子も疲れてしまいますよね。
軽やかな衣類、涼しい寝具、それにエアコンを上手に使って、暑い夏を快適に乗り切るようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。