夏の赤ちゃんとの外出 持ち物や注意点は

夏の日差しが照りつける暑い日の、赤ちゃんとのおでかけ。
普段の荷物にプラスして、夏ならではの持ち物も準備しておきましょう。
ほんの少しの工夫で、暑さでぐずった赤ちゃんを快適にしてあげることができますよ。
今回は、赤ちゃんと夏に外出する時の持ち物についてまとめました。

夏の時期の赤ちゃんとの外出であると便利な持ち物

暑い夏、赤ちゃんを連れてのお出かけにはいろいろ気を配らなくてはいけないことがあります。
高温対策、紫外線対策、冷房対策、汗対策…。
では一つ一つ、どのようなグッズを用意したらいいかを見ていきましょう。

<高温対策>

抱っこやベビーカーにいる赤ちゃんは、ママの体温やアスファルトの照り返しで大人よりも熱く感じているもの。
こんな時は保冷材の力を借りましょう。
抱っこひもの背中ポケットやベビーカーシートの裏など、直接赤ちゃんの肌に触れない部分に保冷材をセットすると、ほんのり冷たくて赤ちゃんは快適に過ごすことが出来ます。
冷凍庫で冷やしても固まらず、柔らかい保冷材を使うと、当たっても痛くないので安心ですね。

<紫外線対策>

夏の日差しに含まれる紫外線は、赤ちゃんにとっては強すぎるものです。
サンシェードやおくるみでカバーして、直射日光を浴びせないように気を付けるようにしましょう。

<冷房対策>

体温調整の苦手な赤ちゃんにとっては、室内と外気の気温差も大きなストレスになります。
外出先の冷房が、赤ちゃんの体調を崩す原因にならないように、室内ではなにか羽織らせてあげると安心です。
かばんには必ず薄手の上着を一枚入れておくようにしましょう。

<汗対策>

外の暑さで汗をかいた赤ちゃんが、冷房の効いた室内に入ると、いっぺんに冷えて風邪をひいてしまうこともありますよね。
汗をかいて濡れた服は赤ちゃんにとっても不快なので、こまめに着替えさせてあげましょう。
服を全部脱がせるのが大変なら、あらかじめ汗取りガーゼを背中に差し込んでおいてもいいですね。

夏の外出注意点・グズりや泣いた時の対処法

夏の外出では、どんなに気を付けていても赤ちゃんが汗をかいてしまうもの。
汗をかくと水分が失われ、脱水症状を引き起こすこともあります。
頻繁に授乳が出来る時はいいですが、そうもいかない場合もあると思いますので、必ず外出先でも水分が補給できるように、麦茶や白湯を持ち歩くようにしましょう。

暑さでぐずって泣いている時は、冷たいベビーグッズがオススメです。
冷蔵庫で冷やして使う歯がためは、その代表的なベビーグッズ。保冷バッグに入れて持ち歩き、赤ちゃんがぐずった時に渡してあげれば、あっという間にニコニコになりますよ。

扇子やうちわであおいであげるのもいいですね。
顔に風があたると、なぜかニコニコになる赤ちゃんが多いんです。
困った時にはぜひやってみてくださいね。

夏のお出かけは、普段よりも気を遣わなくてはいけなくて大変かもしれません。
でもちょっとした工夫をするだけで、赤ちゃんがぐずらなくなりますよ。
上手に便利グッズを使って、赤ちゃんとのお出かけをたくさん楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。