夏のベビーカーでの外出は熱中症・暑さ対策を

涼しげに感じられる夏のベビーカー。
でも実は、大人が思っているより夏のベビーカーの温度は高いということをご存知ですか?
ベビーカーに乗せると赤ちゃんがぐずるのは、もしかしたらそのせいかもしれませんよ。
今回は夏のベビーカーの注意点をまとめてみました。

夏のベビーカーの温度は高い

夏の日差しがさんさんと照りつけるアスファルト。実は50度を超える高温になっていると言われています。
そのアスファルトの地面に近い位置にあるベビーカーは、大人の体感温度よりも3度以上高くなっていることも…
ただでさえ猛暑のお出かけは辛いのに、ベビーカー内の温度がさらに3度高いのでは、赤ちゃんがぐずるのも当たり前かもしれませんね。

ベビーカーの暑さ対策はどういうのがある

まずは直射日光が当たらないように、日よけをしっかりしておきましょう。
もともとベビーカーについているひさしは、赤ちゃんの体をすっぽり覆うようには出来ていません。
後付けできるサンシェードが販売されていますから、お好みに合わせて準備しておきましょう。

またベビーカーに敷く保冷剤入りのマットも、暑さ対策には効果があります。
あらかじめ冷蔵庫で冷やしておいた保冷材をマットにセットしておけば、ほんのり冷たい感覚を数時間は味わうことが出来ます。
赤ちゃんの体感温度も下がりますから、ぐずらずベビーカーに乗ってくれると思いますよ。
長時間のお出かけになる場合は、替えの保冷材を保冷バッグに入れて持ち歩くと安心ですね。

夏にベビーカーのひざかけって必要?

外にいる時は暑いですが、室内に入ると冷房が効いていて寒く感じることも多いもの。
赤ちゃんが温度差で体調を崩さないように、保温できるひざかけやおくるみがあると便利ですね。
夏は、毛布のように暖かいひざかけではなく、タオルケットやガーゼケットのように通気性があるものを用意しましょう。
薄手のひざかけだと、外でも直射日光を遮る目的で使えて便利ですよ。

かんかん照りのアスファルトの上を進む夏のベビーカーは、大人が思っているより熱く、赤ちゃんにとっては過酷な環境かもしれません。
ベビーカーに乗せる時はできるだけ日陰を選び、暑さ対策も万全にしておきましょう。
こまめに水分補給や休憩もするようにし、常に赤ちゃんの様子を気にかけるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。