熱中症に注意!夏の赤ちゃんの水分補給

暑い夏。赤ちゃんだって汗をかけば、体内の水分が失われてしまいます。
喉が渇いたと言葉で訴えられない赤ちゃんは、ママがきちんと水分を与えないと脱水症状になってしまいますよ。
では、具体的にはどのようにすればいいのでしょうか。
夏の赤ちゃんの熱中症対策や、水分補給のポイントをまとめてみました。

赤ちゃんの熱中症の症状って

夏の暑い日差しの下や、高温の車中にいると、赤ちゃんも体温が上がって熱中症になることがあります。
特に赤ちゃんは体温調整が苦手なので、大人よりも熱中症になりやすいもの。

赤ちゃんの熱中症には以下のような症状があります。

・ぐったりしている
・40度以上の高熱がある
・おしっこがでない
・汗が出ない
・顔が赤くほてっている、もしくは顔色が悪い

このような症状に当てはまるなら、赤ちゃんは熱中症にかかって脱水症状を起こしている場合があります。
赤ちゃんの熱中症のサインを見逃さないようにして、こまめに休憩や水分補給をして熱中症を防ぐようにしましょうね。

夏の赤ちゃんの水分補給

普段の赤ちゃんの水分補給は、母乳やミルクだけでも問題ありません。
ですが夏の暑い時には、それだけだと足りないことも多いもの。
特にお出かけの時はこまめに授乳が出来ないこともありますから、必ず水分を持ち歩くようにしましょう。

水分補給として使うなら、ミルクではなく麦茶や白湯のほうが適しています。
ベビー用のイオン飲料でも構いませんが、糖分が多いので常飲するのはおすすめできません。お出かけの時の特別な飲み物として使いましょう。

熱中症予防グッズ・対策

熱中症を予防するには、まず暑さを避けることです。
室内にいる時はエアコンや扇風機を適度に使い、暑さを和らげましょう。
赤ちゃんにエアコンや扇風機はよくないとお思いの方もいると思いますが、直接風を当てたり過度に冷やしたりしなければ、赤ちゃんの部屋に使用しても問題ありません。

また、お出かけの時は直射日光を遮るように移動しましょう。
だっこなら、日傘や白いケープで日差しを避けるようにしてください。
抱っこだと、ママの体温で赤ちゃんも身体が熱くなりがちなので、適度に休憩しながら移動しましょう。

涼しげに見えるベビーカーも、赤ちゃんにとっては意外と暑いものです。
日よけを使って直射日光に当たらないようにしたり、保冷材をいれられるマットを敷いてあげると、かなり体感温度が下がると思いますのでお試しください。
体温調節が苦手で、大人よりも熱中症になりやすい赤ちゃん。
しっかり暑さ対策をして、こまめに休憩し、水分を与えることを忘れないようにしましょう。
赤ちゃんの熱中症のサインを見逃さないように気を付けて、快適な夏を過ごしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。