夏の母乳育児は水分補給に気をつけよう

暑い時期の母乳育児は、ママも赤ちゃんも水分不足が心配です。
通常、赤ちゃんの水分補給は母乳だけでも足りるのですが、夏はなかなかそうもいきません。
ママは母乳の分まで考えてしっかり水分補給をしておかないと、母乳の分泌が足りず赤ちゃんが脱水症状になることもありますよ。
では、どのように気をつければいいのでしょうか?今回は母乳育児の水分補給について考えていきましょう。

夏の赤ちゃんの水分補給、母乳だけで足りる?

基本的には赤ちゃんの水分補給は母乳だけでも大丈夫なのですが、猛暑の夏日はママ自身も汗をかきますよね。
夏はママの体自体も水分不足に陥っていることが多く、母乳の分泌が悪いことがあります。

母乳の分泌が悪ければ、当然赤ちゃんの水分も足りていません。
赤ちゃんは大人よりも体を組成している水分量が多いので、少しの水分不足だけでも体調不良につながりますよ。
赤ちゃんには、授乳と授乳の合間に白湯や麦茶も併せて飲ませるように習慣づけておくと、水分不足を予防できるので安心です。

赤ちゃんの水分不足をチェックするには

では、赤ちゃんが水分不足になっているかどうかは、なにで判断すればいいのでしょうか?

赤ちゃんが水分不足になっている一番のサインは、汗やおしっこが出なくなっていること。
おしっこが出ていても、ほんの少量で濃い色をしている場合も水分不足の可能性があります。

こんな時は、母乳だけではなく白湯や麦茶も与えて、水分をたくさん撮らせてあげましょう。
水や白湯ならいくら飲ませても構いません。水分不足を防ぐため、水分は赤ちゃんが欲しいだけの量を、こまめに与えるようにしてください。

授乳中のママも水分不足に注意

夏は、ママ自身も一日に必要な水分量が足りていないことが多いもの。
しっかり飲んでいるつもりでも、汗でどんどん水分が失われていきますから、「隠れ脱水症状」になっていることもありますよ。
母乳はママの血液から作られます。母乳を飲ませている間は、意識してしっかり水分を取るように心がけましょう。

コーヒーはカフェインが心配ですし、アルコールでは水分補給にはなりません。
水、麦茶、スポーツドリンクなどをこまめに口にするようにし、水分不足にならないように気を付けてくださいね。

夏はママも赤ちゃんも水分不足に陥りがちです。
ママも赤ちゃんも授乳の合間にこまめに水分を取るようにし、水分不足にならないように気を付けましょう。
夜間に授乳している場合は、就寝中も水分が失われていきますので注意が必要です。
枕元に一本ペットボトルを持っていき、授乳の合間に飲むようにすると、母乳の分泌が良くなるうえに水分不足が予防できますから、一石二鳥ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。