妊婦の葬式参列に鏡は必要?|マナーや注意点

妊娠中に近しい知り合いが亡くなり、お葬式に参列しなくてはいけない場合もあるでしょう。
知人との最後のお別れの場であるお葬式ですから、妊婦であってもできるだけ出席しておきたいもの。
では、妊婦はどんな点に注意して、お葬式に参列すればいいのでしょうか。

妊婦の葬式に参列してもいいの?

どうしても体調がすぐれない場合を除いては、妊婦であってもお葬式に参列して構いません。
ただ、故人が親しい人であればあるほど精神的に動揺し、妊婦にとっては刺激をうけやすいもの。
参列中に体調が悪くなった場合は無理せず、会場の外に出て休むようにしてください。

つわりが酷い、出産予定日が近いなど体調に不安がある時は無理に出席せず、体調が落ち着いてからお悔やみにあがっても構いません。

鏡はなぜ必要なの?

地方によって、さまざまな葬式にまつわる迷信や言い伝えがあります。
妊婦がお葬式に出る時には、おなかに鏡を裏向きに当てて参列するべきというのもその一つ。
霊の持つ魔力を鏡で跳ね返し、赤ちゃんに影響を与えないようにするというのがその理由のようです。
信じる信じないは妊婦さんの考え方によりますので、気にならない方は鏡を持参する必要はありません。

お葬式に出る場合のマナーや注意点は

妊婦がお葬式に出る場合は、おなかの赤ちゃんのためにも無理をしないようにすることが大切です。
体を締め付けない服装で、フラットなパンプスを履くようにし、冷房対策に羽織るものも必ず持参しましょう。

また、お葬式では女性がお茶出しや配膳などのお手伝いをしなくてはいけない場合もありますが、妊婦さんは無理をする必要はありません。
妊婦が無理をして働いていると、本人も疲れてしまいますし、周りにも気を遣わせてしまいます。
出来ることを出来る範囲で、無理なく手伝う程度にとどめておきましょう。
故人との最後のお別れの場であるお葬式。
妊婦であっても、体調が悪くないならばできるだけ参列して最後の別れを惜しみましょう。
とはいえ体調が不安定な時期ですから、無理ない範囲で参列し、疲れたら休むことを心がけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。