妊婦が法事に出席する場合服装はどういうのがいいの

突然のお葬式と違って、あらかじめ日取りが決まっている法事。

準備期間があるだけに、服装にもマナーが求められますよね。
妊婦だからと言って、どんな服装でも大目に見てもらえるわけではありません。
今回は妊婦さんが法事に出席する時の服装と、気を付けるべきことをまとめました。

妊娠中の法事出席の服装は

お腹が大きくなってくると、普段着ている喪服が着られないもの。
ですが、わずかな妊娠期間のためにマタニティ喪服を購入するのも嫌ですよね。

まずは、どのような服装で行けばいいかをリサーチしましょう。
どれくらいフォーマルな服装が求められているかは、その家ごとに違うと思います。
親や近い親戚などに、どの程度の服で行けばいいかを確認しておくと安心です。

黒であれば平服でもいいといわれたら、普段のマタニティ服の中から黒いものを選びましょう。
喪服代わりですから、柄物や派手なデザインのものは避けるようにします。
もし、喪服を準備したほうがいいといわれたならば、マタニティ用の喪服をレンタルしてはいかがでしょうか。
あらかじめデザインを選んでネットで頼んでおけば、自宅に配送してくれるサービスもありますので、新しく喪服を購入するより安上がりで便利です。

法事の時も、お葬式と同じくアクセサリーは真珠のみとし、肌の露出はできるだけ控えましょう。
法事の会場はエアコンが効いていることが多いですから、冷房対策の羽織りものを準備しておくと安心です。

妊婦で法事に出席する場合気をつけること

まずはおなかの赤ちゃんのためにも無理はしないことです。
体を締め付けるような服装やヒールの高い靴は避け、長時間でも苦しくないよう工夫をすることも大切です。
疲れたりおなかが張ったら、別室で横になって休憩するなどして、疲れをためないように心がけましょう。
妊娠中の法事は、無理のない程度に参加すればOKです。
どのような喪服を用意すればいいかは、親戚などにあらかじめリサーチして、周りから浮かないような服装を用意しておきましょう。
おなかの赤ちゃんも大切ですが、親戚付き合いも大事です。
体調が良ければ出来るだけ参加するようにすると、角が立たないと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。