マタニティショーツはいつから使うの|産褥ショーツとの違いは?

妊娠初期の頃はまだ平気ですが、お腹が大きくなり始めたら、普通のショーツがキツくなってきて苦しく感じてくるもの。
そうなったらマタニティショーツへの替え時です。

今回は、マタニティショーツはいつから使うのか、必要性をまとめてみました。

始めはその大きさにびっくりするかもしれませんが、赤ちゃんを守り快適に過ごすためのマタニティショーツは妊婦さんに欠かせないもの。
産後に必要な産褥ショーツも忘れずに用意しておきましょうね。
今回はマタニティショーツと産褥ショーツについてまとめてみました。

マタニティショーツはいつから使う?

おなかがふくらみはじめる妊娠4か月~5か月位になると、妊娠前に履いていたショーツが苦しく感じてくる人も増えてきます。

ですので、妊娠中期がマタニティショーツの買い時になることが多いです。

ちょっと下着がキツくなると痒くなったり、締め付けられて気持ち悪くなる人もいます。無理してキツイ下着をつけることが体に良くありませんので、体に違和感を感じてきたら購入を考えても良いと思います。

人によっては、お腹がキツく感じるよりもお尻の方が先にキツく感じてマタニティショーツに替える人もいます。

またつわりなどで、下着の締め付けが気になったり、お腹の冷えが赤ちゃんにも良くないのでは?と気になる事だってあります。そんな時は、妊娠初期にマタニティショーツを履いても何の問題もありません。

要は、自分やお腹の赤ちゃんがどうだったら楽かな?快適に過ごせるか?です。

マタニティショーツって必要なの?

人によってはマタニティショーツを買わず、普段のショーツだけで過ごしたという人もいますので、必ずマタニティショーツが必要というわけではありません。

マタニティショーツはいわゆる、デカパン(笑)ですので、可愛い・セクシーな下着が好きな人だとちょっと抵抗ある人もいますよね。

ただ、マタニティショーツの役割としては、妊娠すると子宮が大きく膨らみ始めますが、子宮を圧迫しない為にも、普通のショーツに比べてかなり深履き、股上が深めでお腹をすっぽりと覆ってくれます。

また、妊娠中、お腹の冷えはよくありませんので、保温という意味もあります。

マタニティショーツは何枚必要?

マタニティショーツは洗濯などを考えると4~5枚あると便利です。期間限定だしあまり買うのももったいないと感じるかもしれませんが、お腹が大きくなってくると家事をこなしていくのも大変になります。

また、妊娠後期に入ると子宮で圧迫されて尿漏れの心配も増えてきますので、ある程度の枚数があった方が安心です。

マタニティショーツはお腹をすっぽり覆うので、産後も楽でマタニティショーツを履いているっていう人も意外といますよ。

マタニティショーツは、ゴムの調節ができるタイプもありますので、妊娠初期から産後までずっと使えるものもあります。

マタニティショーツは、ワコールなどの下着専門店にも売っている場合がありますが、赤ちゃん本舗や西松屋などのベビー用品店にも豊富に置いてありますし、楽天などネット通販でもたくさんあります。

マタニティショーツが安いのは?

マタニティショーツを何枚も買うとなるとお値段が気になりますよね。安いのは西松屋や、以下のような楽天で3枚セットなどで売られているマタニティショーツは安く買えます。

 

 

素材は、綿100%の物が多いですが、ストレッチがあるものは、コットン90%、ポリウレタン10%などの素材のものもあります。

マタニティショーツのローライズ

マタニティショーツはお腹まですっぽり覆うタイプもありますが、ローライズタイプも人気です。おなかの下の方で履き止める浅履きタイプで、お腹がすっぽりされると逆にゴムが気になる、お腹が苦しい、締め付けられる感じがするという人は、ローライズのマタニティショーツがおすすめです。

 

 

 

マタニティショーツはどこで買うかというと、ワコールなどの下着専門店にも売っている場合がありますが、赤ちゃん本舗や西松屋などのベビー用品店にも豊富に置いてありますし、楽天などネット通販でもたくさんあります。

 

 

マタニティショーツと産褥ショーツの違いは

同じマタニティ用品として販売されていますから、よく混同されますが、マタニティショーツと産褥ショーツは全く別のものです。
マタニティショーツは妊娠中の大きなおなかを包み込むショーツですが、産褥ショーツは産後の悪露を手当するためのショーツ。いわば、産後の「生理用ショーツ」のようなものです。

産後体力が消耗している間は、会陰の消毒や悪露の手当てを看護師さんにお願いすることになります。
その時、寝たまま手当てが受けやすいように、クロッチ部分がマジックテープで開閉するようにできているのが産褥ショーツ。
まだ大きなおなかに対応できるよう大きめの作りになっており、悪露が漏れにくいように防水布で加工されています。

生理用ショーツやマタニティショーツでは対応できませんので、産後には必ず産褥ショーツを用意するようにしましょう。
マタニティショーツや産褥ショーツは一時しか使うことはありません。

ですが、ないと他のものでは全く代用できません。
必要最低限の枚数で構わないので、必ず用意するようにしてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。