マタニティ服はいつから着るもの?授乳服との違いは

お腹が大きくなり始めると、デザインによっては普通の服がきつくなってきますよね。
そうなると気にしなくてはいけないのがマタニティ服。
わずかな時期しか着ないのにもったいない…、太って見えそう…、などマイナスイメージもあるマタニティ服ですが、妊婦さんにとっての快適さはピカイチですよ。
今回はマタニティウェアについて調べてみました。

マタニティ服はいつから着る?必要?

妊娠4~5か月位でおなかが大きくなり始めると、まず着られなくなるのがジーンズなどのぴったりしたボトムス。
お腹の締め付けは気分の悪さにつながりますし、赤ちゃんの成長の妨げにもなることもあります。
苦しさを感じ始めたら、できるだけ早くマタニティ専用のボトムスに着替えましょう。
マタニティ服のジーンズやレギンスなどは、妊婦専用のパターンで作られていますから、おなかが大きくてもすっきりとキレイなラインを保つことが出来ますよ。
快適に過ごすためにも、必要最低限のマタニティボトムスは用意することをおすすめします。

逆にトップスは、ゆったりしたものなら普通服でも臨月まで着ることができます。
出来るだけゆったりしたシルエットで、おなかが隠れるロング丈のものを選ぶと普通服でも妊娠中を乗り切ることができますよ。
ただ、妊婦さんが普通服を着るとどうしても服のラインが崩れてしまいがちです。
妊婦専用に作られたマタニティ服なら、おしゃれで快適に過ごすことが出来ますので、余裕があればこちらも数枚用意することをおすすめします。

マタニティ服と授乳服との違いは

妊娠中に着るマタニティ服に対して、授乳服は産後の授乳期に着るものです。
授乳期はまだおなかの大きさが元に戻っていないので、ゆったりしたシルエットの授乳服はマタニティ服と混同されることも多いですが、服を着たままでも授乳しやすいように授乳口が付いていることが特徴です。

産前産後と着られるマタニティ兼用の授乳服もありますので、なるべく購入枚数を減らしたい方は検討してみてはいかがでしょうか。
大きなおなかでは、どうしても普通のボトムスを履くことが出来なくなってしまいます。
ボトムスは他のものでは代えられないことが多いので、必要最低限のマタニティボトムスは用意するようにしましょう。
その代りトップスは普通服で代用したり、授乳服と兼用のものを選んだりすると節約することが出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。