赤ちゃんと外出時のミルクの作り方・持ち物は

おむつに着替え、おしりふきにガーゼ…。赤ちゃんとの外出はどうしても持ち物が増えて困りますよね。
母乳ではなくミルクなら、哺乳瓶に水筒などますます荷物が増えてしまい、外出がおっくうになっている方もいるのではないでしょうか。
ミルクの赤ちゃんの外出時に、効率よく荷物をまとめるコツをまとめてみました。

赤ちゃんと外出 ミルクの場合の持ち物は

赤ちゃんと外出した時に一番困るのが、調乳ですよね。
外出先でミルクを作らなくてはいけなくなった場合に備えて、調乳セットはきちんと持ち歩きましょう。
哺乳瓶と湯冷まし、それからお湯を入れた水筒もお忘れなく。
粉ミルクは外出の時間に合わせて、計量したものを回数分準備しましょう。
スティックやキューブのミルクだと、計量する手間が省けて便利ですね。

外出の時のミルクの作り方

哺乳瓶に粉ミルクを入れ、熱湯を少し入れてしっかり溶かしてから、湯冷ましを加えて適温に調節するのが、基本的な家でのミルクの作り方。
ですが外出時にはなるべく持ち物を減らしたいものですよね。
先輩ママたちはどのような工夫をしているのでしょうか。

大手のデパートやスーパーなどのベビーセンターでは、調乳用のお湯を提供してくれる場合があります。
レストランやコンビニなどでも、頼めばお湯をもらえる店が増えてきました。
ミルクタイムにはそのような場所を積極的に利用して、少しでも荷物を減らす工夫をしましょう。

では、お湯が手に入らないところへ出かける時はどうすればいいでしょうか。

お湯が手に入らない場所では保温性の高い魔法瓶にお湯を入れていく

水筒にお湯を入れていって調乳時にお湯と湯冷ましを調節してミルクを作る方法があります。
今は、サーモス等の保温性の高い魔法瓶・水筒があるので、熱湯を入れればかなりの時間、熱いお湯の状態で長持ちします。

また、家を出る前にあらかじめ熱湯を哺乳瓶に入れておき、飲ませる時間には適温になるよう冷ましておくというのも一つの手です。
この場合常温に近い温度のお湯に粉ミルクを溶かすことになるので、少し溶けにくいことがあります。哺乳瓶をしっかりシェイクし、粉ミルクを溶かしきるように気を付けましょう。

ミルクは調乳後時間がたつと雑菌が繁殖しやすいので、調乳したミルクを持ち歩くのは厳禁です。飲み残しは捨て、ミルクタイムにはその都度調乳するようにしてください。

さいごに

ミルク育ちの赤ちゃんがいる場合の外出は、母乳の赤ちゃんに比べて荷物が二倍くらいに膨れ上がります。
赤ちゃんを抱えて重い荷物を持つのは本当につらいもの。
最近は調乳の手伝いをしてくれる店舗も増えてきましたので、どんどん頼ってみてはいかがでしょうか。

外出時には、行く先に赤ちゃん休憩室などがあるのか調べてみるのも安心です。
子育てに無理は禁物です。いつでもママが笑顔でいられるような環境が一番大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。