妊娠中に避けたいチーズの種類とは

妊娠中は抵抗力が落ちているため、普段平気な食べ物でも気を付けて摂取する必要があります。
その代表格がチーズ。実は厚生労働省からも「妊娠中には食べないように」と指導が入っている食べ物なのですが、意外と知らない方も多いですよね。
ではなぜ妊娠中にチーズを避けなくてはいけないのでしょうか。
今回は妊娠中に避けたいチーズの種類について調べてみましょう。

妊娠中ナチュラルチーズは注意

妊娠中に気をつけなくてはいけないのは、非加熱のナチュラルチーズです。
実は非加熱のナチュラルチーズにはリステレア菌という細菌が存在します。
このリステリア菌に感染すると、リステリア症という食中毒のような症状を起こしてしまうのです。
健常な人ならリステリア菌が体内に入っても問題ないのですが、妊婦さんは抵抗力が落ちているため、リステリア症を発症しやすいと言われています。

リステリア症の怖いところは、発熱や下痢、嘔吐などの症状だけではなく、妊婦さんがかかると胎盤を通じて赤ちゃんも感染してしまうというところ。
リステリア症に感染した赤ちゃんは、流産や死産になることもあります。怖いですよね。
そのため、妊娠中はナチュラルチーズを避けるようにしましょう。

ピザのチーズはOK?

リステリア菌は加熱に弱く、75度以上で1分以上加熱すると完全に死滅します。
ですから、きちんと加熱したピザのチーズは問題ありません。
ピザやグラタンのチーズは、殺菌のためにもしっかり加熱して食べるようにしましょう。

プロセスチーズは大丈夫なの?

プロセスチーズも生のような雰囲気がありますから心配ですよね。
でも実は、プロセスチーズは製造過程で加熱されています。
ナチュラルチーズを加熱して溶かし、成形して作られているのがプロセスチーズですから、リステリア菌は存在しません。
安心して召し上がってもらって大丈夫です。

さいごに

モッツァレラやカマンベール、ゴルゴンゾーラ、チェダーチーズ…。
ナチュラルチーズはとても美味しく、好きな方は多いと思います。
ですが、非加熱のチーズには菌がいることをお忘れなく。妊娠中は避けておいた方が無難ですよ。
もし食べる時はしっかり加熱して、安心なものだけを口にするようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。