新生児のおむつは何枚必要?一日どのくらい使う?いつまで使うの?

出産準備といえば一番に思いつくのが紙おむつ。
産まれたばかりの新生児がすぐに使うものですから、妊娠中に買っておきたいところ。

でも新生児用オムツを大量に買いだめ、箱買いするのはおすすめできません。赤ちゃんはぐんぐん大きくなりますから、あっという間に履けなくなってしまうからです。
では、新生児用のおむつはどのくらい用意すればいいのでしょうか?

新生児のおむつは何枚必要? いつまで使う?

新生児おむつは一日どのくらい枚数使うのか?

新生児のオムツ交換は10枚前後です。最初の頃はおむつ交換に慣れていない・赤ちゃんがちょこちょこ便をする場合、10枚以上替える場合もあるかと思います。

ですので、大体は1日10枚、多くて15枚程度になります。

新生児のおむつのパッケージには「新生児から5kgまで」と書いてあります。
ですからだいたい赤ちゃんが5㎏に達するくらいで、新生児サイズのおむつがキツクなる、はけなくなると考えるといいでしょう。

標準的な赤ちゃんだと、生後2か月で5㎏位になると思います。
毎日おむつを10枚取り替えるとすると、2か月で600枚必要な計算になりますね。

ですが、赤ちゃんの体格にはかなり個人差がありますから、おなかや足の肉付きがいい子であれば、体重が4㎏でも新生児サイズのおむつがきついと感じるかもしれません。
筆者の子どもは3600gと大きめに産まれたのもあり、生後3週間足らずで新生児サイズを卒業しました。

なので、出産準備では新生児サイズを1~2パックほど購入しておき、赤ちゃんの成長具合で徐々におむつを買い足すことをおすすめします。
標準体重はあくまでも目安と考え、赤ちゃんの様子でおむつサイズを決めると良いですね。

新生児用紙オムツ代

では、実際にどれくらいのおむつ代がかかるのか?

オムツはドラッグストア、スーパー、赤ちゃん用品店、ネット通販などで購入できますが、購入場所によって結構値段が変わります。

ホームセンターなどでたまに激安セールなどを行っている場合もありますが、オムツを通販で買うならAmazonが安くておすすめです。新生児用オムツでテープタイプなら、1枚あたり14円~で購入できます。(2018/1月時点)

Amazonで新生児用オムツ(テープ)を見る

 

オムツはかさばるし赤ちゃんいながら買い物に行くのも大変ですので、通販が便利です。

なお、新生児よりも小さいサイズのオムツもあります。

グーン テープ 新生児用小さめ (1.8~3kg)
ムーニー テープ 新生児 (お誕生~3000g)
と、大体、3000g未満と、体重の目安が書かれているので、参考にしてください。

>>Amazonで新生児用小さめオムツ(テープ)を見る

<新生児より小さめサイズ>

◎パンパース マイクロ 新生児より小さいサイズ 24枚¥ 517(¥ 22/枚)
◎グーン はじめての肌着 新生児用 小さめサイズ 36枚入¥ 688(¥ 19/枚)
新生児用のおむつは、産院で多く採用されているということもあり、パンパースが一番の人気です。
箱で購入したり、何パックかまとめて買うと安くなることもあります。いろいろ比較検討して賢く購入するようにしてくださいね。

新生児おむつについてまとめ

赤ちゃんの成長は著しく、昨日履けていたおむつが今日にはもうきつくなっている…ということもあります。
毎日使う消耗品だけに買いだめしたくなりますが、履けないオムツになってしまったら、それが一番無駄な買い物。
ある程度大きくなるまでは、おむつの買いだめは避けるのが無難です。
赤ちゃんの成長と相談しながら、少しずつ買い足すようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。