赤ちゃんの銀行口座の開設に必要なものは

出産祝いにお年玉…、赤ちゃん宛にもらったお金って、意外とたくさんあるものです。
タンス預金にせず、きちんと銀行口座を作って管理してあげましょう。
安全な上に利息も付いて一石二鳥です。
赤ちゃんにとって本当に必要な時まで、銀行口座でお金を管理してあげられるといいですね。

赤ちゃんの銀行口座って必要?

「まだ赤ちゃんだから必要ない」「口座を作るのが面倒」…と思って、赤ちゃんの銀行口座を作ってない方も多いと思います。
ですが、赤ちゃんにもらったお金は赤ちゃんのもの。
赤ちゃん名義の口座に入れて、親のお金とは分けて管理してあげると、わかりやすくなりますよ。

親の口座にまとめてしまうと、いつのまにか他の出費にまぎれて消えてしまうこともあるでしょう。
赤ちゃんのお金は、赤ちゃん名義の口座を作って管理することをおすすめします。
入金する都度、誰からもらった何のお金かを通帳にメモしておくと、見返したときにわかりやすくて便利ですよ。

赤ちゃんの口座開設に必要なもの・書類は

最近は不正利用を防ぐために、銀行口座を開設するのが難しくなってきています。
赤ちゃんの口座を作る時は、赤ちゃんと一緒に行くとスムーズですよ。
赤ちゃん名義の口座を開設する手続きには、以下のものを持っていきましょう。

<親の身分証明書>

運転免許証、健康保険証、パスポートなどが必要です。
赤ちゃんと名字が違う場合は、親子関係を証明する書類(戸籍謄本など)が必要になる場合もあります。

<赤ちゃんの身分証明書>

健康保険証、住民票、戸籍謄本など、身分が確認できるものを持っていきましょう。

<銀行印>

親の銀行印と同じハンコでも構わないのですが、将来その口座を赤ちゃんに譲り渡すことも考えて、赤ちゃん用に新しいハンコを用意してあげるといいですね。

<入金するお金>

いくらでも構いませんが、始めに入金するお金を用意する必要があります。

あと、口座開設の際には、「暗証番号」を決める必要があります。
子どもの誕生日や電話番号の一部だと、許可されないことが多いので、推測されにくい番号をあらかじめ考えておきましょうね。

さいごに

赤ちゃんの銀行口座、作るまでは面倒だと感じがちですが、開設してしまえば便利なことがたくさんありますよ。
たくさんの方から赤ちゃんにもらった好意のお金、将来まで残しておくためにも、赤ちゃんの銀行口座を作ってあげることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。