授乳中の抜け毛対策に育毛剤ってどうなの

産後はホルモンバランスが崩れて、どうしても抜け毛に悩まされるママが多いですよね。
薄くなった地肌や痩せてしまった髪が恥ずかしい、どうにかしたい…と悩んでいませんか?
でも育毛剤に手を出すのは、ちょっと待ちましょう。
今回は、授乳中の育毛剤の影響について調べていきたいと思います。

授乳中抜け毛が気になる!母乳だと抜け毛が多くなる?

授乳中の抜け毛、気になりますよね。
赤ちゃんに母乳を飲ませているから、抜け毛が増えたのかしらと思う方もいると思いますが、実はそうではありません。

産後の抜け毛はホルモンバランスの崩れが原因です。
ホルモンバランスが崩れている間(つまり生理が再開していない間)は、母乳であってもミルクであっても、同じように抜け毛は発生してしまうのです。

確かに母乳をあげている人は、あげていない人と比べて生理の再開が遅れます。
そのため抜け毛が発生する期間も、どうしても長くなってしまう傾向はあります。
そのせいで、「母乳だと抜け毛が多い」というイメージがあるのかもしれませんね。

授乳中に育毛剤を使いたいけど大丈夫?

授乳中の育毛剤選びは慎重に行う必要があります。
男性用の育毛剤に良く含まれている「ミノキシジル」や「フェナステリド(プロペシア)」という成分は、妊娠中の使用は禁忌です。
おなかの赤ちゃんが男の子だった場合、生殖器に異常が出る恐れのある物質なので、妊娠中は絶対に使用してはいけません。
育毛剤の成分は、血管を通して吸収されますから、母乳から排出されることもあり得ます。「ミノキシジル」や「フェナステリド(プロペシア)」が含まれている育毛剤は、授乳中も避けたほうがよさそうですね。

女性用の育毛剤でも、赤ちゃんに影響がある成分が含まれている場合があります。
使用説明に「妊娠中・授乳中の使用は医師にご相談ください」とかいてある育毛剤は、そのとおり医師に相談してから使用しましょう。

育毛剤を使用するなら、妊娠中・授乳中専用に作られた安全なものを使用するとあんしんです。
いくつか専用のものが販売されていますから、チェックしてみてください。

薄毛女性に大人気!無添加育毛剤





授乳中の抜け毛の悩みは、なかなか他人に言えずに辛いものです。
とはいえ、安易に市販の育毛剤に手を出すのはやめましょう。
もし育毛剤を使いたいときは、授乳中でも安心して使えるものをきちんと選ぶようにしましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。