学資保険は絶対に必要か?

妊娠したら気になるのがこれから妊娠出産、育児にかかるお金や子供の将来の教育費のこと。プレママにとって学資保険の加入も妊娠中に検討する時期でもあります。

子供ができたら学資保険

って思っていたけど、色々調べてみると、お金もかかるし、学資保険に入るのは絶対に必要なのかわからなくもなるものです。

自分の体験談から学資保険加入は必要という結論になりました、学資保険がなぜ必要と感じたかについてこのページでは説明していきます。

学資保険の必要性

子供の教育費は大学入学までに全て公立でも900万円~1000万円ほどかかると言われています。

全部私立なら2000万円以上かかるとも言われています。

この金額、妊娠中に試算してみたらとてもじゃないけど貯められない…って思いました。

でもそれでも何とか少しでも教育費を貯めておきたいと思った時にどうやったら貯めやすいのか?というのを考えました。

強制的に貯められるのが学資保険のメリット

学資保険は月払い1万円ほどや年払いで強制的に教育費を貯めることができます。余ったら貯金して…だと一向に貯まりませんが最初から引かれれば何とかなるもの。

また学資保険の場合には、もしも契約者の夫に万一の事があった場合に、その後の保険料払込は免除されて学資の満期保険金がおりるというのも子供の教育費準備として安心できました。

学資保険のデメリットもあるけど…

学資保険のデメリットとして長期固定金利ということです。もしも今後銀行の金利が上がることになったら、貯蓄しておいた方が有利だったという事にもなり兼ねません。でも、今の超低金利から相当金利が高くならないと、返戻率の高い学資保険<積立貯金 にはならないはずです。

また、保険会社がつぶれたら受け取るお金が減る可能性があるというのもありますが、強制的に積立して満期で受け取る時には結構なプラスになる返戻率が高い学資保険もあります。

今は貯金しても超低金利なので全く増えないですよね。
返戻率の高い学資保険を選べば、払った保険料よりもかなり多く受け取れるというのは魅力的でした。

学資保険はやっぱり必要と思ったらどのタイミングで入ったら?と悩むもの。
学資保険は妊娠中に入る事もできるのです。

>>学資保険は出産前に加入するのがお得!先輩ママの体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。