妊婦健診の内診ってどういうもの?痛い?

妊娠したら必ず受けなくてはいけないのが、産婦人科での内診。
恥ずかしかったり嫌悪感だったり…、内診は妊婦さんではなくても抵抗がある人が多いですよね。
でも妊婦健診での内診は避けては通れないものです。
内診っていったいどんなものなのか、今日は妊婦健診の内診についてまとめてみました。

妊婦健診の内診ってどういうもの?

妊婦健診の内診は、婦人科の医師が直接膣に器具や指を挿入し、膣や子宮の様子を診察するというものです。
通常は内診台という、カーテンのついた特殊な診察台を使います。

内診を受けるときは下着を脱ぎ、内診台の足乗せ部分に足を置き、準備をします。
診察の時は内診台が動き、上半身は倒されて足が開くような姿勢になります。
恥ずかしいという気持ちはわかりますが、この時は深呼吸をし、ゆっくりと力をぬいてリラックしましょう。
怖い怖いと身構えると、足に力が入って内診時に痛みを感じる場合がありますよ。

おなかのあたりにカーテンで仕切りがされますので、医師が診察している様子を直接見ることはできませんが、モニターを通しておなかの中の状況を見ることが出来る場合もあります。
妊婦健診なら、かわいい赤ちゃんの様子も見ることができるかもしれませんよ。

内診はいつからいつまであるの

妊婦健診の内診は、通常妊娠初期と臨月あたりに行います。
妊娠初期には、赤ちゃんがきちんと成長しているか、子宮や胎盤の具合かどうかを調べます。この時、カンジダやクラミジアの検査をしてしまう時もあります。

臨月に入ると、子宮口の開きや固さを見るために内診が行われます。(行われない病院もあります)
いずれにしても正常な妊娠や出産を維持するために必要な検査ですから、嫌がらずに受けるようにしましょう。

さいごに

女性なら誰でも内診はイヤなもの…。気が進まない検査ですよね。
でも内診でなくてはわからない情報はたくさんあります。
赤ちゃんのためと割り切って、妊婦健診の内診は受けるようにしましょうね。
フレアースカートなどたくし上げやすいふんわりした服装で受診すると、少しは抵抗が少なくなると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。