妊娠したら靴はどういうのがいいの ヒールはOK?

妊娠したらマタニティウェアに着替えるように、靴も少し見直していきましょう。
妊娠前に履いていた靴が、あまり妊婦さん向きではないことはよくあります。
赤ちゃんのためにも自分の健康のためにも、この際少し楽な靴に取り替えてみませんか。

妊婦の靴のおすすめは ヒールはOK?

妊婦さんの靴を選ぶポイントは以下の3点です。
マタニティシューズに限らなくても、以下の項目をクリアできるものならなんでもかまいませんよ。
普段のファッションに合わせて、おしゃれな靴を選んでくださいね。

①3センチ以下のヒールであること

だんだんおなかが大きくなってくると、重心が前のめりになりますから高いヒールの靴では立っていることもできなくなります
妊娠中は転倒防止のためにも、ヒールの低いものを選びましょう。

②かがまなくても脱ぎ履き出来ること

おなかが大きくなってくると、靴ひもを結ぶような前かがみの姿勢が辛くなってきます。
スリッポンやクロックスのように、かがまなくてもスポっと履ける靴がいいですね。

③横幅にゆとりのあるもの。ストレッチ素材のもの

妊娠中はとても足がむくみやすいものです。
むくんでも履けるように、ゆったりした靴やストレッチ素材を選ぶと安心です。

妊娠したら靴がきついのはなぜ

妊娠すると、女性のカラダには様々な変化が現れます。
今まで履けた靴がはけなくなるのもその一つ。妊娠中にありがちな足のむくみが原因です。
妊娠中はとてもむくみやすくなるので、妊娠前に履いていたピッタリした靴が入らないのも無理はありません。
むくみはしめつけると余計にひどくなることもあります。妊娠中は無理せず、ゆったりとした靴を選ぶようにしましょうね。

マタニティシューズは子育て中にも活躍

最近はマタニティブランドなどから、おしゃれなマタニティシューズがたくさん販売されています。
有名ブランドとのコラボ商品もあり、妊婦さんに限らずとも魅力的ですよね。
産後赤ちゃんを抱っこしながら靴の脱ぎ履きは、思っている以上に大変です。
マタニティシューズは子育て中にも大活躍ですよ。
産後も普段履きできるものを選ぶと、長い間使えてお得ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。