双子妊娠中の体重管理について

双子妊娠でなくても妊娠中の体重管理は
大切です。妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になって
しまうことがあります。太りすぎは出産するのに
リスクを高めます。症状がひどくなると赤ちゃんの
発育にも影響が出るので注意が必要です。

今回は双子妊娠中の体重管理で気をつける事について説明します。

単胎の妊娠より安静にするよう病院から指示をされ
軽い運動も妊娠初期から制限されることの多い双子。
動きすぎることでお腹の張りが心配されます。
そして周りからは「2人分食べないと」と言われ
たくさん食べ、安静にしている分、暇で何かを食べてしまう
悪循環ですよね。

太ったからといってダイエットを
することは出来ませんので塩分の取りすぎや
高カロリーのものを食べ過ぎないことです。

双子妊娠の場合体重増加はどれくらい?

双子妊娠の場合でも体重は10~12kg位を目安にと言われることが多いです。

体重管理の目安として、単胎妊娠の場合、赤ちゃん1人あたり2~3kg+胎盤、羊水、血液増加などで5kgほどと言われます。ですので、8kg前後が理想とされています。

双子妊娠の場合には、赤ちゃん2人ですので、赤ちゃん一人分プラス2~3kgと胎盤・羊水なども加わりますので、やはり10kg~12kgというのは目安になりますよね。
双子妊娠で気をつけたい事

塩分を取りすぎると高血圧に
なりただでさえ浮腫みがひどいのに
指が曲げられないほど更にむくんでしまいます。
浮腫みがひどいと出産にも影響が
出てきますので気をつけましょう。
帝王切開での出産の場合、ほとんどが
下半身麻酔なのですが浮腫みがひどすぎると
全身麻酔にしなければいけないときがあるそうです。
全身麻酔となれば赤ちゃんにも影響がでてきますし
出産の時にママの意識もありません。
知らない間に産まれていたなんて
ちょっとさびしいですよね。
私の場合、出産予定日の98日前まで
仕事をしていたのでその時点では7キロの
増加ですみましたが、その後出産までの間に
動かず食べ過ぎて合計で22キロ太ってしまいました。
私の病院はあまり体重管理に厳しくなく
それほど怒られませんでしたが
母子手帳に赤丸をつけられてしまいました。
出産1週間前は妊娠高血圧症候群になり
血圧は200まで上昇し出産後も
1ヶ月間は元に戻りませんでした。

病院でも出産を早めようかどうしようか
悩んでいたほどでした。
私は今まで順調に来た分、
先生方は不安そうでした。

出産すると双子育児の過酷さに殆どの方が
やせられます。だからといって太りすぎは
赤ちゃんにもママにも大きな負担となります。
しっかりとコントロールして
出産に挑みましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。