出産内祝いでお菓子を贈るのっていい?

fot0016-013

出産内祝いの品物選び…頭を悩ませますよね。
昔は内祝いといえばタオルやせっけんなどの日用品が多かったのですが、近年は日用品だけではなくお菓子なども人気があります。
内祝いのカタログにも、有名ブランドのお菓子がいろいろ載っていますよ。
では出産内祝いで贈るお菓子にはどのようなものがあるのでしょうか。
内祝いでお菓子を贈る場合のポイントを見ていきましょう。

出産内祝いでお菓子 どんなものがある?

最近の内祝いでは、いろいろなお菓子がカタログに載っていますよね。
人気のあるのはカステラやバウムクーヘン、クッキーなどの焼き菓子。万人に好まれ、日持ちがするのが人気の秘密のようです。
また、おかきや羊羹などの和菓子もよく選ばれています。和菓子は年配の方には喜ばれますよね。
いずれにしても、お菓子は好みがありますから、相手の好みに合わせたお菓子を選ぶことが大切です。

お菓子を贈る場合のメリット・デメリット

相手の好みに合うお菓子を贈れば、何よりも喜んでもらえるのがお菓子の嬉しいところ。
お菓子なら予算に合わせて量が調節できますから、どんな予算でも選びやすいというメリットもあります。

ただ、内祝いのお菓子となると、「高級感がある」「日持ちがする」「郵送可能」などの条件がありますから、商品がかなり限定されてしまいます。
この中に相手の好みのものがあるといいのですが、好みに合わないものを贈ってしまうと、喜ばれるどころか相手の迷惑になる…ということもありますのでご注意ください。

出産内祝いのお菓子で人気のものは

【銀座 千疋屋 フルーツスイーツケーキ】
http://item.rakuten.co.jp/i-pre/93013-04/
千疋屋のブランド名がついたお菓子なら、もらっても嬉しい!写真入りメッセージカードをくれるのも嬉しいポイント。

【【写真入】名入れ 東京バウムクーヘン 2個セット(バニラ&チョコ)】
http://item.rakuten.co.jp/giftarekore/gpkb100015/
赤ちゃんの写真入りラベルを貼ってくれる嬉しいサービス。バウムクーヘンは内祝いで根強く人気の商品の一つです。

【あられ詰め合わせ『花あわせ』(20袋入り)】
http://item.rakuten.co.jp/syugetsu/hana_awase002/
年配の方や親戚には、洋菓子よりもおかきやあられはいかがでしょうか。
小袋に入っていて、少しずつ食べられるものを選ぶと喜ばれると思います。
内祝いを選ぶときは、品物はもちろんですが、つけてくれるカードやのし、ラベルなどもしっかりチェックしておきましょう。
同じような品物でも、買うショップによってデザインやサービスが全然違うことがあります。
せっかく贈るのですからしっかりこだわって、相手に喜ばれるものを選びましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。