赤ちゃんの鼻水、病院へ行く目安・タイミングは

赤ちゃんの鼻水、出ていてもそのままにしていませんか?
自分で鼻をかめない赤ちゃんにとっては、鼻水がたくさん出ているのは大人が思っている以上に苦しいものです。
ほおっておくと中耳炎になってしまうこともありますよ…。
赤ちゃんの鼻水は軽視しないで、早めに対処することをおすすめします。

赤ちゃんの鼻水 取り方は?

赤ちゃんは自分で鼻をかめませんから、鼻水が出たら早めに取ってあげましょう。
強くこすると鼻の下が荒れますから、ティッシュでゴシゴシこすってはいけませんよ。
出ている鼻水は濡らしたガーゼやおしりふきなどでそっとぬぐいとると、あまり痛くありません。
もし荒れてしまった場合には、ワセリンやベビーオイルなどを塗ってケアしてあげてください。

詰まっている鼻水は、市販の鼻吸い器を使うと簡単に取れます。
電動のものから昔ながらのスポイト式まで、鼻吸い器にはいろいろなタイプがありますが、ママの口で吸い取るチューブタイプの鼻吸い器が一番使いやすいようです。
とはいえ、ほとんどの赤ちゃんにとっては、鼻吸い器はあまり好きなものではありません。
嫌がって暴れると鼻水が吸えませんから、しっかり手足を押さえてから鼻吸い器を使用しましょう。

赤ちゃんの鼻水が治らない、病院に行くタイミングは

しょっちゅう鼻吸い器を使っているのに鼻水が取れない、なかなか鼻水が治らないという場合は、専門医を受診したほうが安心です。
受診の目安になるチェックポイントは以下の通りです。

① 鼻水が透明ではなく、黄色や緑かかった色になっている
② 鼻つまりがひどく、鼻吸い器でいくら吸っても鼻水がとれない
③ 鼻水や鼻づまりがひどくて授乳に支障が出る
④ 耳を痛がる、耳を良く触る
⑤ 機嫌が悪い
⑥ 熱がある

以上の項目に当てはまる点があれば、早めに診てもらいましょう。
咳や熱などの全身症状がある場合には小児科を、鼻水や耳の症状だけなら耳鼻科を受診することをおすすめします。

さいごに

鼻呼吸をしている赤ちゃんにとっては、鼻水が出るというのは結構苦しいもの。
鼻水が溜まると中耳炎を引き起こすこともありますから、鼻水に油断は禁物です。
こまめに鼻水を吸ってあげるのが一番の対処法。
早めに対処して、赤ちゃんを楽にしてあげましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。