赤ちゃんのしゃっくりの止め方は?母乳を飲ます以外にも色々ある?

赤ちゃんはとてもよくしゃっくりをしますよね。
あまりにしゃっくりばかりしているので、苦しそう、可哀そうと思うママもいるのではないでしょうか。
でも意外と赤ちゃんは平気なものなのですよ。しゃっくりしながら笑っていることもあります。
でもこの赤ちゃんのしゃっくり、どうして出るのでしょうか。止め方はあるのでしょうか。
しゃっくりについてまとめてみました。

赤ちゃんのしゃっくりの原因は

赤ちゃんのしゃっくりの原因は、大人のしゃっくりと同じく横隔膜の痙攣です。
ミルクを飲んだ時の胃の刺激や、寒かったりおむつが濡れていたりする時の体温の変化が原因と言われています。
苦しそうに見えますが、赤ちゃんにとってはしゃっくりも成長過程の一部。しゃっくりが続いてもなんとも思っていないようです。

新生児のしゃっくりが頻繁だけど大丈夫?

大人より短い間隔でしゃっくりを続ける赤ちゃん。
しゃっくりが頻繁だと、ママは気になってしまいますよね。
実は、赤ちゃんは大人より心拍数が早いから、それに合わせてしゃっくりも早いペースでするのです。
しゃっくりは頻繁ですが、ひどいわけでも苦しいわけでもありませんから、心配しなくて大丈夫ですよ。

赤ちゃんのしゃっくりの止め方

とはいえ赤ちゃんがしゃっくりを続けていると、なんとか止めてあげたくなりますよね。
しゃっくりを止めるのには、実はいくつか方法があります。

① 母乳・ミルクを飲ませる

てっとり早く、一番効果があるのがこれ。何かを飲ませるとほとんどのしゃっくりは止まります。
ミルクの飲ませすぎが心配なら、適温に温めた麦茶や白湯でも代用できますよ。

② げっぷをさせる

げっぷがたまっているとしゃっくりがでることもあります。
赤ちゃんを縦抱きにして背中をとんとんと叩いてみましょう。その刺激でしゃっくりが止まることもあります。

③ 赤ちゃんを暖める、おむつを替える

赤ちゃんが寒かったりおむつが濡れていたりして、体温が下がるとしゃっくりがでることも多いもの。
寒そうなら一枚上着を着せ、おむつが濡れているようなら交換してみましょう。

さいごに

赤ちゃんのしゃっくり、ママは気になるかもしれませんが、赤ちゃんにとっては日常茶飯事。無理に止める必要はありません。
でもちょっとしたことでしゃっくりが止まることもありますから、いろいろ試してみてもいいと思いますよ。
しゃっくりについては、あまり過敏になりすぎないように、おおらかに対応してあげましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。