妊娠中に食べてはいけないものは?

妊娠中はとかく食べ物の好みが偏りがち。
気づいたら毎日同じものを食べている…なんてことありませんか?
でも、気を付けて!妊娠中に大量に食べると、胎児に影響が出る食べ物もあるんですよ。
今日は、妊娠中に食べてはいけないものについてまとめました。

妊娠中に気をつけるべき食べ物

妊娠中に気をつけなくてはいけないものの筆頭は、アルコールとカフェイン。
摂取すると、胎盤を通じて胎児にまで成分が届いてしまいます。
まだ消化器官が完成していない胎児は、アルコールやカフェインを体内で分解して排出することができません。
ママが大量に摂取すると、胎児の発育不全につながることもありますから、注意が必要です。

妊娠中のお寿司について

妊娠中はお寿司も気を付けたいものです。
生ものだから菌が心配…という声もありますが、普通に衛生管理しているお寿司なら問題ありません。
ただ、カジキやマグロなどの大型の魚には、水銀が多く含まれているもの。
水銀の大量摂取は、赤ちゃんの発育の妨げになります。
食べてはいけないわけではありませんが、マグロのお寿司はほどほどの量に抑えておきましょう。

妊娠中のカレーライス

辛いカレーは刺激が強いもの。妊婦さんのデリケートな胃には刺激が強すぎる場合があります。
含まれる油の量も多いですから、体重管理を強いられている妊婦さんにも向きませんよ。
カレーは控えめにしておいたほうが良さそうですね。

妊娠中のうなぎは

うなぎにはビタミンAが多く含まれています。
ビタミンAの過剰摂取は、胎児の奇形を引き起こすといわれているので、食べるのを控える妊婦さんもいるようですね。
でもうな重をたまに食べる程度でしたら、過剰摂取にはなりません。ほどほどに楽しみましょう。

妊娠中のチョコレート

あまり知られていないことですが、チョコレートにはむくみを起こすチラミンという物質が含まれています。
むくみを気にしている妊婦さんは、控えたほうがいいかもしれませんね。

妊娠中のチーズについて

非加熱のチーズ(ナチュラルチーズ)には、リステリア菌というものが含まれています。
このリステリア菌に妊婦さんが感染してしまうと、流産や早産、死産を引き起こしてしまう可能性があります。
リステリア菌には妊娠していない人も感染しますが、妊娠すると感染率が20倍に上がると言います。
ナチュラルチーズ以外にも、カマンベールやブルーチーズなどのカビ系のチーズにもリステリア菌は存在します。ご注意ください。

さいごに

妊娠中は抵抗力が落ちて、体が過敏になっているもの。
普段は大丈夫な食べ物の栄養素が、妊婦さんとおなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともあります。
なにより胎児が健康に育つことが一番大切な時期ですから、食べ物に気を付けて妊娠生活を送っていきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。