ベビーカーとバギーの違いは?軽量でコンパクトな人気のバギーはこれ!

初めて迎える赤ちゃん。子育てアイテムのうち、ベビーカー一つとっても、いろいろあって何がいいのか迷いますよね。

持ち運びが軽そうな、バギーというものもあるけれど、ベビーカーとバギーの違いは?バギーはいつから使えるの?どういうものを選べばいいの?と、そんなお悩みについて、まとめてみました。

ベビーカーとバギーの違いについて

ベビーカーは、大きく分けて、A型、B型、バギーと呼ばれる種類があります。

本来A型は、ほぼフラットまでリクライニングができ、頑丈で重さもある程度あるものというくくりでしたが、最近では、ある程度軽くて折りたたみも出来る「AB型」といわれるタイプが主流になっています。

多くは、両対面といって、ハンドルの向きを切り替えて、赤ちゃんの顔が見えるように乗せることができます。首の据わらない赤ちゃんを乗せられるのはこのタイプだけです。

B型は、リクライニングがないか少しだけで、対面になるモデルはほとんどありません。A型よりも軽く、持ち運びやすく作られています。

A型、B型というのは、日本の安全基準で定められたもので、海外モデルだったり、物によってはその境界線はあいまいだったりします。
その中でバギーというのは、B型相当でさらに軽く、傘型に折りたためるものをさすことが多いです。

つまり、「A型にもB型にも相当しないもの」というすみわけでしょうか。

それぞれのメリットデメリットとしては、A型は頑丈で乗り心地もよく、連続使用時間が長いものが多いですが、
その分重く、かさばるものが多く、機能性があるものほど高価。

バギーと呼ばれるものほど、乗らずに持ち運ぶ時のことを重視したタイプで、軽くてコンパクトになりますが、
自立できず、また連続使用には向きません。価格は5000円前後のものが多く、安価です。

バギーはいつからいつまで使える?

バギーはいつから使えるの?

バギーはベビーカーB型と同じで、多くは生後7ヶ月~満2歳(12kgまで)までとなっています。
A型あるいはAB型兼用ベビーカーのようにリクライニングが出来ないので、赤ちゃんのお座りが安定してからというのが前提です。

バギーはいつまで使うかというと、大体は満2歳(12kgまで)までになります。
実際に2歳までにはベビーカー、バギーを卒業して、歩きのみに移行する人も多いですね。

ただし対象年齢が3歳頃まで使用可というバギーもあります。2歳を過ぎても歩きたがらない子供も中にはいます。
途中で抱っことなってももうその頃にはかなり重い為、そういう時はバギーが助けになってくれるかもしれません。

なお、満3歳の平均体重が18kg前後です。

バギーはセカンドベビーカーとしての利用が吉

ただ、バギーは車輪にサスペンションがついていないものも多く、長い間乗せることは前提にしていないので、
日々乗せたまま移動するのに使うのはあまりおすすめしません。

電車移動などで、エレベーターがなく階段で折りたたむ機会が多いおでかけの場合や、
だいぶ歩いてくれるお子さんの補助用、セカンドベビーカーとして使うのに適しているといえるでしょう。

メーカーによってはベビーバギーの名称でリクライニング可能・首の座らない新生児からOKのものもありますが、長時間移動ありのメインベビーカーよりもセカンドベビーカーとして旅行などの一時利用、祖父母宅での利用に向いているといえます。

 

軽量・コンパクトで人気のバギーはこれ!

いくつか、おすすめのバギーを紹介します。

クールキッズバギーX ENDO

超軽量(2.8kg)でコンパクトはもちろん、本体と専用幌で、オリジナルカラーのデザインができます。
生後7ヶ月~体重12kgまで

ベビーバギーMA-G

こちらのショップが送料無料で安いです。

ポップでかわいいカラーに、着脱式のセーフティーガードつき。

7か月~3歳頃まで使えます。

BabyGo! コンパクトバギー

バギーとしては激安?旅行用などにも使えそうです。

お値段も○。後輪ストッパーで折りたたんで立てかけることも可能。

ドレルディズニーアンブレラストローラー

ディズニーの軽量バギー。ミッキーマウスやミニー、プーさん、シンデレラ柄で選べます。

 

ディズニーのバギーでこの安さはかなりお買い得かも!
18kgまでOKなので結構長く使えますね。

軽量でコンパクトな人気バギーをまとめました。そのほかにも、西松屋のバギー、リッチェルのバギー、JEEPのアドベンチャーバギーなども人気があります。

ベビーカー、バギーまとめ

A型B型ベビーカーに比べて、機能は限定されますが、軽量で、持ち運びに便利なバギー。
お子さんの成長にあわせて上手に活用すれば、おでかけがもっとたのしくなるはず。
ぜひ、ご自分にとって使いやすいものを選んでくださいね。

ベビーカーとバギーの違いについて

ベビーカーは、大きく分けて、A型、B型、バギーと呼ばれる種類がある
バギーというのは、B型相当でさらに軽く、傘型に折りたためるものをさすことが多い
バギーはいつから使える?

バギーはベビーカーB型と同じで、多くは生後7ヶ月~使えるものが多いです。
リクライニングが出来ないので、しっかりお座りができる、腰が座った赤ちゃんから利用できます。
バギーはいつまで使うもの?

2歳までのバギーが多いですが中には3歳頃まで使えるタイプもあります。18KGまで使えるバギーもあるので疲れてすぐに抱っこ~となってしまうお子さんの場合にはバギーがあると助かります。
軽量・コンパクトで人気のバギーはこれ!

軽量でコンパクトな人気のバギーを集めてみました。

●クールキッズバギーX
●ベビーバギーMA-G
●BabyGo! コンパクトバギー
●ドレル ディズニー アンブレラストローラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。