冬、赤ちゃんが寝るときの服装や布団はどうしたらいいの

寒くなってくるこの季節、赤ちゃんが寒くて風邪を引いてしまわないか心配になりますよね。

赤ちゃんが生まれたら気になるのが寝る時の服装や布団はどうしたら良いのかについてまとめてみました。

冬、赤ちゃんが寝るときの服装はどうしたらいいの?

赤ちゃんは汗っかきだけど、寒いと感じていたらどうしようなどなど、冬場の赤ちゃんの服装は気になりますよね。
基本的には赤ちゃんは体温が高く、汗っかきなので大人よりも一枚少ないくらいが理想です。
寝る際は、短肌着に冬用のカバーオールが良いでしょう。

冬の時期の赤ちゃんの布団は?

寝るときの布団ですが、基本的にシーツの代用として大判のバスタオルを敷いてあげるといいです。ミルクを吐いてしまった時や、毎日清潔を保つのには手軽でいいと思います。
そして、赤ちゃんに掛けてあげる布団は、冬の場合毛布と軽い掛布団が好ましいです。
しかし、暖房等で室内を暖めている場合は、少し厚手のブランケットと毛布で良いでしょう。
両方とも軽くて暖かいものがいいですね。

赤ちゃんが寝るときの暖房の設定は?

赤ちゃんは体温調節が苦手なので暖房等で室温を一定に保つのはいいことです。

しかし、暖房は室内を暖めると共に室内を乾燥させてしまいます。

乾燥は赤ちゃんにとって大敵なので暖房等を使うときは加湿もした方がいいです。
暖房の設定は20~23度がいいと思います。

しかし、室内でも床付近と天井付近では温度差が結構あるため、暖房の温度設定だけに頼るのではなく、ベビーベッドの近くなど赤ちゃんの近くに温度計や湿度計を置いておくといいと思います。

そして、暖房をかけ続ける時は一日に何度か喚起をするといいですね。
また、寝るときに暖房を短時間で消す設定をする場合、寝返りをするようになった赤ちゃんにはスリーパーを一枚着させておくと、布団から出てしまっても寒くないので、ママも安心して寝られると思います。
まだ寝返りが出ない時期の赤ちゃんは、寒いと体温を上げるために泣いたりすることもあります。

また逆に手足が温かいと暑すぎる傾向があるようです。
背中が暖かく、手足は少しひんやりしているくらいがちょうど良いです。

ママが寝る前に確認してあげてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。