産後の円座クッション(ドーナツクッション)は必要?おすすめはコレ!

産院や助産院に必ずと言っていいほど置いてある、円座クッション(ドーナツクッション)。
なんでこんなものが必要なの?と思っているかたも多いかもしれませんね。
でも産後の体には円座クッションは必需品なのですよ。

今回は円座クッションの必要性といつまで使うものなのか、座り方についてまとめてみました。

産後の円座クッション、なぜ必要?

出産の時、ほとんどのママは会陰切開を経験します。会陰を切開して縫合しますから、産後しばらくは患部にふれると引き攣れるように痛みます。

とはいえ、授乳や食事などで、椅子に座らなくてはいけないことがたくさんありますよね。そんな時に便利なのが円座クッションなのです。

円座クッションはドーナツのような形状をしており、中央部分が凹んでいます。
この凹みがあるため椅子に座っても、会陰切開で痛む患部が座面に触れることがありません。

また、出産のいきみの影響で、産後痔になってしまうママも多いもの。患部が露出して、椅子に座ると痛みが走る…ということもよくあります。
円座クッションがあれば、痛まずに椅子に座ることができますよ。円座クッション、産後のママには欠かせない出産グッズと言えそうですね。

 

産後の円座クッションおすすめ

円座クッションは毎日体重をかけて使うものですから、使い勝手はとても大切です。

また、安い円座クッションだと、初めは良くてもすぐにへたって、ペシャンコになってしまうこともあります。
ある程度、クッションに強度のあるものを選ぶようにしてください。おすすめは低反発の円座クッションになります。

 

産後の円座クッションにはO型のほかにU型もあり

円座クッションにはいわゆるドーナツ型、O型以外にもU字型のクッションもあります。

産婦人科や肛門科の待合室・診察室等、病院でもよく使われているU字クッションで、産後・手術後の痛み対策に良いとされています。

患部が直接座面に当たらないように工夫されていて、会陰部の痛みも軽減する形状になっています。また患部が座面に当たることもないよう十分な硬さのあるクッションです。

円座クッションの座り方

円座クッションは、中央の凹み部分に患部を乗せるように座ります。
ちょうど円の中に患部が浮くかたちですね。これが「座面に直接患部を触れさせずに座れる」という、円座クッションの特徴になっています。

 

 

産後すぐは、円座クッションなしでは生活できない!という方がほとんど。それくらい産婦さんの生活にはなくてはならない出産グッズになります。

産後の円座クッションはいつまで使うもの?

会陰切開の傷の痛みは人それぞれで、産後2~3日しか円座クッションを使わない人、退院後も使うことになる人など様々です。

が、中には1ヶ月以上も痛みがあって、円座クッションを手放せなかったという人もいます。このあたりは本当に人それぞれなので、入院前に購入しておく必要は必ずしもありませんが、産後里帰りなどしないなど手助けが少ない場合には、事前に購入しておく方が安心ですね。
また、円座クッションを購入までしなくても、出産準備の時に、円座クッションの販売している店をチェックしておくと、後々安心かもしれません^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。