ベビーカーでのおでかけ防寒対策、おすすめは|赤ちゃんの寒さ対策

寒い日のお出かけ、ベビーカーにじっと乗っている赤ちゃんはママよりも寒いもの。
なんとかして寒さを防いであげたいものですよね。
防寒アイテムはいろいろありますが、いったいどれを選べばいいのでしょうか。
今日はベビーカーでの防寒アイテムの特徴をまとめました。

ベビーカーの防寒対策どういうアイテムがある?

ベビーカーでの防寒アイテムには、大きく3つの種類があります。
一つ目はベビーカーに備えてつけて使う、フットマフタイプのもの。二つ目は、赤ちゃんにかけてあげるブランケットタイプのもの。三つ目は赤ちゃんに直接着せる、ジャンプスーツタイプのものです。
どれにもメリットデメリットがありますので、詳しく見ていきましょう。

ベビーカーの防寒 フットマフについてメリットデメリット

ベビーカーに備え付けて使用するフットマフ。赤ちゃんの胸から下をすっぽりと覆う形になるので、上着だけ着せればよく便利です。
冬の初めにベビーカーに取り付ければ毎回そのまま使え、まくれあがる心配もありません。

ただ、赤ちゃんが大きくなると足が入りきらず窮屈になってしまいます
一シーズン程度しか使えない割に、値段が高いのが難点です。

ベビーカーの防寒 ブランケットについてメリットデメリット

フットマフほど本格的なものは予算的に厳しいわ…という方は、ブランケットを用意しましょう。
ひざ掛け程度の小さなブランケットで十分なので、安いものだと1000円程度でも購入できることも。
ブランケットのデメリットは、じっとしてない赤ちゃんが蹴ってしまいまくれ上がってしまうこと。
せっかく防寒にかけてあげても、まくれあがってしまうのでは意味がありませんよね。
ブランケットを落としてなくしてしまうママもたくさんいます。もしブランケットを使用するなら、紛失防止用にクリップなどを利用することをお勧めします。

ジャンプスーツで防寒 メリットデメリット

赤ちゃんを完全に防寒しようと思うなら、ジャンプスーツが一番でしょう。
着せるのは若干手間がかかりますが、足まですっぽり覆うことができるので暖かさは抜群です。
ただ、少しでも赤ちゃんが成長すると、窮屈になり着られなくなるのが難点。
赤ちゃんの成長度合いによっては、一シーズンの間にも買い替えなくてはならないこともあります。
始めに購入する際は、サイズにゆとりを持たせて選びましょう。

さいごに

赤ちゃんの防寒アイテムはいろいろなものがありますので、ママがなにを重視するかによって選ぶべきものが変わってきます。
着せやすさを取るか、暖かさを取るか…。ご自分の生活スタイルに合わせて上手に選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。