電力自由化で電気代が安くなる!年間1万円以上節約できて手続きも簡単!

電力自由化で電気代を節約

毎月の電気代が高いですよね。赤ちゃんがいると電気代って高くなりがちですが、あまりに高いと毎月のことですので家計にもツライですよね。

電力自由化が2016年4月から開始されましたが、電力会社の変更をすることで年間1万円以上節約になる場合も!

「電力自由化、電力切り替えって面倒そう」と感じるかもしれませんが、実際は手続きはとっても簡単

Web上で必要事項を入力していくだけで手続き完了してしまいました。

我が家では、新電力の「Looopでんき」に変更にして年間15,000円以上の節約になったので、電力切り替えして良かったと思っています。

今回は、電力自由化で電気代が安くなる理由と手続きの流れについてご紹介します。

電力自由化でなぜ電気代が安くなるの?

2016年4月から始まった電力小売り自由化。今までは、東京電力などの地域の電力会社としか電気の契約を結ぶことはできませんでした。

でも、電力自由化により、東京電力にかぎらず、色々な新電力会社から電気を買う事ができるようになったのです。

新電力会社が用意している電力プランは様々で、選ぶ電力会社によってあなたの電気代が変わるようになったんですね。

電力プランってどういうのがあるの?

新電力会社は100社以上ありますが、各社それぞれ用意しているプランなどが違い、電気代も変わります。

  • セット割引で電気代が安くなるプラン
  • 独自ポイントがついて結果的に電気代が安くなるプラン
  • 余計な事務処理を省いて電気代が安くなるプラン

などです。

ちなみに、私は、なるべく電気代が安くなる所がいいけど、面倒な手続きは嫌だ!と思っていました。

我が家はLooopでんきに切り替えて電気代が年間15,000円ほど節約に

我が家の場合、東京電力から「Looopでんき(るーぷでんき)」に変更しました。

Looopでんきに選んだ理由は、ENEOSでんきや東京ガスと比較して電気代が安くなったのが主な理由です。

Looopでんきの特長

Looopでんきの特長・メリットとして

  • 基本料金0円
  • 解約違約金なし
  • 従量料金が一律

など、料金体系もシンプルで途中での解約違約金もないというのも大きなポイントでした。

セット割やキャッシュバックキャンペーンなど各社色々なキャンペーンがあるのえすが、一見安くなりそうだけど、初年度のみ安いだけ…っていう電力会社のプランもあるんです。

「新電力に変更したけどやっぱり変えたい…」

となった場合でも、解約違約金がなしでいつでも変更できるというのは安心できました。

2年間は継続しないと、解約手数料がバカ高くて、何のために電力切り替えしたのかわからない…って事になったら嫌ですしね。

Looopでんきに変更したら電気代が安くなるのかどうかは、電気の検針票を手元に用意して、Web上で料金シミュレーションで計算すれば簡単にどれくらいお得になるかわかります。

★シミュレーションは簡単★

Looopでんきのデメリット

Looopでんきは電気代が安くなるのが大きなメリットですが、それは事務処理のコスト削減なども影響しています。

  • 支払いがクレジットカードのみ
  • 電気代の明細はWeb上のみ、紙の明細はもらえない

今までのように、ポストに毎月検針票が入ってるという事はなくなりますが、Web上のマイページからいつでも確認ができます。

我が家の場合には、デメリットとは感じられませんでしたが、注意点としてあげておきますね。

Looopでんきの申込みの流れまとめ

手続きは本当に驚くくらい簡単であっけないのですが、Looopでんきに切り替えた場合の流れとしては以下のようになります。

  1. LooopでんきのWebから申し込み(必要書類は検針票とクレジットカード)
  2. Eメールにて申し込み確認、電力供給開始日のお知らせ、マイページにログイン可能になる
  3. 契約内容の重要なお知らせハガキが届く(2週間後くらい)
  4. スマートメーター設置(家庭によってはすでに設置済みの場合も)
  5. 電力切り替え開始

といった流れとなりますが、実際、電力切り替え開始日には自動的に切り替わっているので、特別に何かやったわけではありません。

「Web上からフォームに入力して申し込みするだけ」で、電力切り替えの手続きは完了してしまいました。

[st-kaiwa2]これで電気代が安くなら早くやった方がいいね![/st-kaiwa2]

実際、ただ切り替えるだけで、年間電気代が15,000円ほど安くなるのであればやらない手はないなと思いました。

 

電力会社の変更をして何かトラブル、停電が増えるとかないの?

「新電力会社に変更して急に停電が増えたりとかないのかな?」
「電気は大事だから安かろう悪かろうじゃ困るし…」

というような心配もあったりしましたが、電力会社の変更といっても、電気が変わるわけではありません。

発送電分離といって、電気を各家庭に送電する送電、配電については、今までと同様、東京電力や関西電力、東北電力などが担います。

Looopでんきのホームページにも以下のように記載があるとおり、電力供給の質が落ちるわけではないんですね。

停電の可能性が高くなることはありません。
お客さまのもとにお届けする電気は、これまでと同様、一般送配電事業者(東京電力など)の送配電網を利用するため、電力供給の信頼性や品質は従来と全く変わりません。

 

電力自由化で電気代が安くなるまとめ

毎月の電気代が高い…節約どうにかできないかな…と思っていたら、電力会社の切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

我が家でも、子供ができてから電気代が高くなってしまい家計の出費として痛かったのですが、少しでも安くなればと思い、電力会社の変更をしましたので参考にしてみてくださいね。

電力自由化のポイント
  • 電力の小売自由化で東京電力など以外から電気が買えるようになったので電気代が安くなる
  • 100社以上の新電力会社があるが各社それぞれの電力プランが用意されている
  • 電気代が安くなるかどうかは料金シミュレーションで簡単に計算できる
  • 電力会社の切り替え手続きは簡単。Looopでんきなら必要事項をWebから入力するだけ