プレママ・新米ママのための妊娠出産育児情報サイト

にこママネット

妊娠

妊娠中のマグミットで下痢?妊娠中毎日飲み続ける影響は副作用は?

投稿日:

妊婦の時は薬の使用はなるべく避けたいものですが、妊娠中の便秘薬として処方されるのにマグミットがあります。

マグミットは妊婦さんでも飲める酸化マグネシウムが成分の便秘薬ですが、下痢になってしまうこともあります。

便秘も困りますが、妊娠中の下痢も良くないと聞くし大丈夫かな?と思いますよね。

また妊娠中、薬を毎日飲み続ける影響はどうなのだろうか?という心配もあります。

今回は、妊娠中のマグミットで下痢になる事についてと毎日飲み続けることの影響、副作用についてまとめてみました。

スポンサードリンク

妊娠中のマグミット服用で下痢するけど大丈夫?

妊娠中の便秘にマグミットを処方されたけど、食後飲むとすぐ下痢になってしまうという場合があります。

マグミット自体は酸化マグネシウムという成分で、腸内に水分を集めて便を柔らかくさせる作用があります。

酸化マグネシウムは昔から使われている塩類下剤で、便を柔らかくすることで排便を促す薬で、刺激性下剤と比べて穏やかな作用で、妊婦さんにも安心して処方される便秘薬です。

なお、マグミット以外に、妊婦さんにも処方されることがあるラキソベロンという便秘薬がありますが、こちらは大腸刺激性下剤といって、大腸を刺激して蠕動運動を活性化させ便通促進する便秘治療剤です。

実際、私も妊娠中で酷い便秘の時に処方された事がありますが、副作用の少ない比較的安全なお薬ですが、長期服用は避けるようにと言われます。

マグミットの場合は、大腸刺激性下剤よりは習慣性が少ないと言われていますが、副作用としては下痢・軟便があり、人によっては下痢してしまう事があります。

妊娠中のマグミットを毎日飲み続ける影響は?

マグミット、マグラックスなどの酸化マグネシウムは、比較的安全性の高い便秘薬ですが、とはいっても薬なので副作用というのが存在します。

体内に吸収されにくい成分でほとんどは腸を通って便として排出されますが、わずかには吸収され、腎臓で排泄されます。

微量とはいえ腎臓などに負担をかけてしまうという事ですね。

マグミットなど酸化マグネシウム製剤の副作用

マグミットなど酸化マグネシウム製剤の重大な副作用として高マグネシウム血症があります。

高マグネシウム血症の症状としては、吐き気・嘔吐・皮膚発赤・血圧低下などがありますので、このような症状が出たらすぐに使用をやめて要受診となります。

実際に2015年10月のニュースで酸化マグネシウム剤服用で死亡例が報告されています。

便秘治療薬として一般に使われることの多い「酸化マグネシウム製剤」を飲んだ後、血圧低下や不整脈をまねく「高マグネシウム血症」を起こしたケースが29件あり、うち4件が死亡していたとして医薬品医療機器総合機構が20日、製薬会社17社に注意を呼びかけた。

高齢者や腎臓障害の患者に対しては、薬の処方を必要最小限にとどめ、定期的に血液中のマグネシウム値を検査するなど、予防に努めるよう注意を呼びかけている。

マグラックスなど便秘治療に使う「酸化マグネシウム製剤」で死亡報告

このニュースを見た時に、マグミットを飲んだ事があったので、正直怖かったです。腎臓が悪いとマグネシウムが体にたまりやすく、注意が必要なようです。

自分は特別な副作用などはありませんでしたが、以前に健康診断で腎機能異常で再検査となり、腎臓のエコー検査を受けた事があったので心配になりました。

比較的安全な便秘薬とはいえども、便秘解消として常用するのは注意は必要なんだなという事です。

とはいえ、妊娠中だから絶対に薬は飲まない、薬怖い…といって便秘を悪化させる事にもリスクがあります。

便秘が続き悪化していくと、腸内環境が悪化し肌荒れやニキビ、吹き出物など肌トラブルが増えたり、免疫力が低下したりします。

また血行不良になり、肩こりや腰痛などが出たり、疲労感が出たりなどもあります。

また、便秘が酷くなると、ガスが溜まってお腹が苦しいなどのほかに、ひどい吐き気や腹痛などが起きて、倒れてしまう場合もあります。

妊娠中は日頃の便秘対策が重要!

妊娠中にいきなり倒れるような事があると大変ですよね。なので、便秘を悪化させないように対策を取る必要はあります。

  • どうしても出ないという時は便秘薬
  • 日頃の便秘対策

が大事になります。

妊娠中は、ホルモンの影響もあって便秘しやすくなります。便の水分量が減って硬い便にもなりやすいので、

便秘解消には

  • こまめな水分補給
  • 食物繊維を摂取
  • オリゴ糖や乳酸菌で腸内環境を良くする

などの便秘対策がおすすめです。

妊娠中は体調も変わりやすいので、便秘の悪化などで体調を崩さないようにしたいですね。

まとめ

妊婦でマグミットを服用するのは大丈夫なのか?マグミットで下痢をすることもある、毎日飲み続ける影響は?などについてまとめました。

大腸刺激性下剤とは違い、刺激も少なく比較的安全で、妊娠中にも使用される塩類下剤ですが、薬ですので副作用はありますので、服用する際には症状など注意が必要となります。

どうしても便が出ない、便秘が酷い場合には産院で処方してもらい、便秘を悪化させない事が大事ですが、妊娠中はホルモンの影響などで便秘になりやすいので、日頃からの便秘対策も大事です。

スポンサードリンク

-妊娠

Copyright© にこママネット , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.