妊娠初期に便秘でいきむのは大丈夫?出血したらどうすれば…流産が心配

妊娠初期に便秘でいきむ

妊娠初期の便秘にいきむのって赤ちゃんには大丈夫なのか?
便を出すのに踏ん張って出血や流産などが心配…

妊娠中は便秘になりやすいのですが、便を出すのにいきむ事をためらってしまう人も多いです。
私も妊娠した時に、ひどい便秘でうんちがなかなか出なくなり、いきむのは大丈夫か心配でした。

実際、出血してしまうとパニックになりますよね。

今回は、妊娠初期に便秘でいきむのは大丈夫なのか、出血したら?流産にはならないのか?についてまとめてみました。

妊娠初期に便秘でいきむのって大丈夫?

妊娠初期というのは、ホルモンの急激な変化によって便秘になりやすい時期です。だから便意がきてもなかなか出にくかったりするんですよね。

そんな時に、妊娠初期って大事な時期ですから、便秘でいきむのって赤ちゃんに大丈夫なのかな?流産したりしないのかなって心配になりますよね。

妊娠初期に便秘でいきむ事で流産が心配…

結論からいうと、妊娠初期で便を出すためにいきむこと、そのものに問題ありません。

排便をうながす程度のお腹に力をいれる行為自体は、子宮やお腹の赤ちゃんに影響が出るほどではないと言われています。

ただですね。実際、ネットで調べてみると、「妊娠初期で排便で強くいきんだら流産した…」なんて話もあるにはあるんです。

だからすごく心配になりますよね。私も妊娠初期に稽留流産を経験していたので、不安になりました。

「便秘でいきむと流産を誘発することもあるようです。」

なんて回答を見ると本当に心配になってきます。

とはいえ、妊娠初期の流産はよくあることであり、流産の原因の多くは受精卵の染色体異常で赤ちゃん側の原因であり、母体が何かしたからとかは関係ないんですよ。

と、実際、流産したときに産婦人科の医師からも説明を受けましたし、便秘でいきんだから流産した…という因果関係はきっとないんですよね。流産してしまうときは何をどう頑張っても流産を防げるわけではないと。

でも、気になるわけですよ。妊娠中はすご~くデリケートになりますからね^^;

また、切迫流産で安静を指示されて、便秘になったら力まずに自然に出すようにと言われる場合もあります。切迫流産とは流産しかかっている状態の事ですから、排便の時にも力んだりしない方がいいわけですよね。

だからなるべくいきまないように踏ん張らないように便を柔らかく、排出しやすくする対策をするのも重要かと思います。

 

妊娠初期に便秘でいきむと出血

妊娠初期に便を出そうといきんで、不正出血する人もいます。

便秘がちになり、トイレにいって強めにいきんだら、便秘に真っ赤な血が…
ティッシュで拭いたら、膣からの出血だった。

妊娠中は子宮が充血しやすくなるので、妊娠初期の出血自体は意外とよくあることなんですね。しかし実際出血するとすごく不安になるわけです。

出血したからといってイコール流産ではなく、その後出血も続かず、お腹の張りや腹痛などの症状が起きていなければ、基本的に心配はないとされています。

しかし、気になる…出血した場合、病院に行った方いいんだろうか?電話連絡だけでもして聞くべきか??

結構、そういう時に慌てて病院に行ったら、「出血くらいでいちいち来ないで…」みたいな対応されたなんて話もあるし…
看護師さんにそっけない対応をされて…なんて、傷ついている妊婦さんの話が多いんです。

ただ、個人的な経験から言うと、やっぱり気になるなら産院に連絡が良いと思います。次の妊婦健診の際に、産院で確認してもらうでも良いでしょうが、それが2週間後とかになるとやっぱり心配ですしね。

私の場合は妊娠初期の稽留流産で、全く自覚症状がなく出血もありませんでしたが、妊婦健診で胎嚢が育っていない、流産の可能性が高いと言われ、その翌々日に自然流産(自然排出)をしました。

 

ただ、便秘でいきんだ事で、便器に赤い鮮血が…という場合、それは切れ痔の可能性もあります。

実際、私も妊娠初期に酷い便秘になり、ようやく便を出し終えた…と思って便器を見たら鮮血が…ショック!でしたが、よくよく確認すると肛門からの出血でした…。

妊娠初期は便秘しやすいし便秘の悪化は危険!

妊娠が継続すると増えていく黄体ホルモン(プロゲステロン)がありますが、この黄体ホルモンが、腸の蠕動運動の動きを抑制するんですね。

腸の蠕動運動が低下すると便が出にくくなったり、便意を感じにくくなります。

また、体の中の水分を保持しようとする働きもあるので、便の水分量も減って便が出にくくなる→便秘となります。

妊娠初期の便秘でいきむのが怖いからと、妊娠初期の便秘が酷くなってきた時に、いきむのが怖くなって妊娠中の便秘を悪化させてしまうのも問題だったりします。

なぜかというと、便秘が酷くなりすぎてあまりにも便が出ないと、脳貧血を起こして場合によっては失神してしまう可能性もあるからです。あまりに酷い便秘が原因で、貧血やめまい、腹痛などで倒れて救急車で運ばれる人だっています。

妊婦さんなら尚更倒れたらそれこそ体に障ります。たかが便秘されど便秘なんですよね。

だからこそ、便秘が悪化しないように便秘対策が必要です。

妊娠初期の便秘対策

とにかく便を排出しやすくする、便を力まずにするっと自然に出せるようにする事が大切です。

一般的な便秘対策として、

  • 水分補給をする
  • 食物繊維を摂取
  • オリゴ糖を摂取
  • 乳酸菌を摂取
  • 適度な運動
  • 腸マッサージ(のの字にマッサージ)
  • 便秘に良いツボを押す

などなどありますが、バナナやヨーグルト、野菜などを積極的に摂るといいなどと言われています。

ただし、食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があり、不溶性食物繊維は便のかさ増しには重要ですが、取りすぎると逆に便の水分奪って、便が硬くで排出しにくい、つまり強くいきまないと出ない…なんて事にもなるので、食物繊維といっても、野菜は不溶性食物繊維が多かったりするので注意が必要です。

どうしても便秘で辛いときは産院に相談を!

妊娠初期は便秘薬とか薬は飲まないほうがいいんじゃないか…って心配になりますが、産院に相談すれば妊娠中でも問題ない酸化マグネシウム(マグミットなど)を処方してもらえることがありますので、どうしても便秘で辛いときは産院で相談してみましょう。

薬はやはりできるだけ飲みたくない…という場合には、水分補給と腸内環境対策に力を入れて、便の排出をしやすくするのがオススメです。

老舗のお茶酸が作った妊婦さんのためのお茶

 ★食物繊維(グア豆由来)
 ★ガラクトオリゴ糖(自然界では、母乳の中しか含まれない成分)
 ★善玉菌(生きたまま腸まで届くビフィズス菌・有胞子性乳酸菌)
 ★健康野菜(有機栽培の桑の葉・宮崎産のほうれん草)
   ★ノンカフェインで安心
 ★妊娠中に大事な栄養素の葉酸と鉄分も!

すっきり贅沢抹茶

妊婦も安心で翌朝ドッサリ

まとめ

妊娠初期の便秘でいきむのは大丈夫なのか?出血したらどうしたら?流産の危険性はあるのかについてまとめてみました。妊娠初期は便秘になりやすく、たくさんの妊婦さんが便秘に悩まされています。

出血してもその後継続していたり、腹痛やその他の症状がなければ、問題ないとも言われますが心配になりますよね。特に妊娠初期の時期は不安定でもありますので、産院に連絡をし指示を仰ぐことで不安が取り除けることもあるかと思います。※ただ対応がそっけなくて逆に辛い思いをする場合もありませす(T_T)

自己判断で市販の便秘薬(下剤成分を含む)ものの使用はやめましょう!妊娠中は注意の便秘薬もあります。

妊娠初期の便秘、いきむのが怖いからと便の排出がうまくいかないと更に便秘が悪化して、気分が悪くなったりめまいや脳貧血を起こして倒れてしまう可能性もあります。そっちのリスクの方が危険ですので、便秘対策をしながら、あまり力まずに排便できるような対策を取っていくことをおすすめします。