妊婦の便秘に良いお茶と妊娠中にダメなお茶|便をスッキリ出したい!

妊婦の便秘解消には水分を多く摂るのが大事!っていうけど、水ばっかり飲むのも大変ですよね。

妊娠中の水分摂取に手軽なのが美味しいお茶です。

でも気をつけなきゃいけないのが妊娠中には飲んだらダメなお茶もあること。

危険なお茶を飲んでお腹の赤ちゃんに何かあったら困ります。

妊婦の便秘に良いお茶と妊娠中に飲まないほうが良いダメなお茶をご紹介します。しっかり便秘対策をしてスッキリ便を出したいですよね!

妊婦の便秘に良いお茶は?

妊娠中の便秘解消にお茶を飲むっていうのは1つの効果的な方法です。お茶を飲むことで、水分を補給し便を柔らかくすることで排出しやすくするという役割があるからです。

でも、だからって何でもガブ飲みすれば良いかというとそうではありません。妊娠中は、お茶の成分にも注意が必要だからです。

カフェイン入りのお茶は妊娠中には注意

特に気をつけたいのが、カフェイン。緑茶や紅茶など日頃飲んでいるお茶にはカフェインが入っているので、妊娠中のカフェインの摂りすぎは良くないんですね。

なので、まずは便秘解消のためでも、妊娠中はノンカフェインのお茶の方が良いです。

また、カフェイン自体が利尿作用があるので多く摂取すると水分不足になる可能性もあります。

便秘に良い成分が入っているお茶

じゃあ水分摂取のほかに便秘解消に良い成分は何かというと、

  • 食物繊維
  • オリゴ糖
  • 乳酸菌

があります。どれも腸内環境を改善することで、便秘の解消に良いと言われている成分です。腸内環境が悪く、悪玉菌が増えると便秘の原因になります。

最近、「腸内フローラ」「腸活」っていう言葉が流行っていますが、腸内細菌のバランスが悪いと体にも悪影響なこと、腸内の環境が健康と密接な関係があることがわかってきたんですよね。

食物繊維が豊富なお茶を

食物繊維は大腸の蠕動運動を促進し、便の排出を促しますし、腸内のお掃除にもなるので腸内環境を整えるのにもいいんですね。

食物繊維というと、ゴボウとかイモとか野菜をいっぱい摂らなくちゃ…という感じですが、食物繊維が含まれているお茶もあるんです。

食べ物で食物繊維をたくさん食べられればいいですが、それもなかなか大変ですし、お茶でも食物繊維を摂れた方が便利ですよね。

食物繊維が豊富なお茶としては、ごぼう茶、抹茶、黒豆茶などがあります。

妊娠中にダメなお茶はセンナ!

便秘に効果があるお茶だからといって、妊娠中に飲まないほうがいいお茶っていうのもあるんですね。

それがセンナ茶です。山本漢方から出ている、日本薬局方のセンナ茶。

センナ茶は便秘茶として、便秘解消効果が高いので知っている人も多いですが、このセンナ茶、使用上の注意として、

■■相談すること■■
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。

 

と注意書きが書かれています。お茶とはいえ、指定第2類医薬品ですし、妊娠中の服用には注意が必要なんですね。

センナに含まれるセンノシドという成分は代表的な大腸刺激性下剤、便秘薬に使われている成分です。

市販の便秘薬にコーラックがありますが、あれも成分はセンノシドですし、添付文書には、

使用上の注意として、

相談すること (2)妊婦または妊娠していると思われる人。

と注意書きが書かれています。ちなみに、日局のセンナ茶もコーラックにも、使用してはいけないとして、授乳中の人は服用しないでとも書かれています。

 

おくすり110番のセンノシドの説明には、

【妊娠・授乳】

妊娠中は原則禁忌ですが、医師の判断で必要最少量を用いることがあります。通常量の範囲であればまず問題ないとされます。
ただし、突然に大量を飲むと、子宮の収縮を誘発する危険性があります。

とありますので、やはり妊娠中の便秘解消の為にセンナ茶を飲むのは、避けた方が良いお茶になりますね。

 

ちなみにセンナ茶って飲むと人によっては本当に激痛が走ります。過去に飲んだ事がありましたが、腹痛と下痢で苦しみすぎて大変な思いをしました。

この腹痛が妊娠中に起こるのはキツイですよね。

 

妊婦の便秘解消にオリゴ糖もおすすめ

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになるので、腸内環境を整えるのにいいですし、腸内環境が良くなると腸の動きも活発になるので便秘改善に良いと言われています。

オリゴ糖って、胃や小腸に吸収されず大腸まで届くんですよね。だから、腸内の善玉菌のエネルギーになって善玉菌を増えるので、腸内環境が良くなるというわけですね。

オリゴ糖は、若干甘みがあるんですけど、砂糖とは違い、摂っても太らないんです。だから、妊娠中の体重管理って大変ですけど、便秘解消の為にオリゴ糖を摂るのは、妊婦さんにとってもすごく使いやすい成分だったりします。

妊婦の便秘の悩みに乳酸菌もいい!

便秘解消といえば、ヨーグルトを食べるといいと言われますが、ヨーグルトが便秘にいいと言われるのは、乳酸菌が入っているからです。

腸内細菌というのは、腸の中に100兆個いると言われていましたが、最近の研究では500兆~1000兆個いると考えられていて、腸内細菌が人の健康に大きな影響を与えていると言われているんですね。

だから最近、乳酸菌飲料とか乳酸菌サプリなど、乳酸菌を摂ろう!っていう流れになってますよね(笑)

乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌を助けて、腸を活性化させるので、便秘解消にも役立ちます。

妊娠中におすすめのお茶

ノンカフェインで食物繊維たっぷりの抹茶 オリゴ糖や乳酸菌、葉酸も入っている!

[st_af id=”1589″]

 

まとめ

元々快便でも、妊娠中だけはひどい便秘になる人も多いです。

便が硬く、コロコロして、すんなり出ないと本当に辛いですよね。長時間トイレにこもるのも大変です。

妊婦の便秘解消には水分を多く摂る事が大事ですが、手軽なのがお茶を飲む事ですが、妊娠中には飲むのを避けた方がいいお茶もあります。便秘に効くお茶だからといって飲んでしまうのには注意が必要なんですね。

妊娠中は普段と違う体調にもなりやすく、便秘もその一つですし、妊娠中でも安心な便秘対策をする必要があります。