新生児から使えるチャイルドシートは

チャイルドシートには年齢や使用期間によって様々なタイプがあります。
赤ちゃんが生まれる前に準備しなければならないものの、実際に生まれてみないとどのようなタイプが
自分の生活と赤ちゃんに適しているのかわかりませんよね。
タイプ別に紹介してみたいと思います。

<新生児から使えるチャイルドシートのタイプ>
大きく分けると乳児期専用タイプと乳幼児期兼用タイプがあります。
メーカーや商品によって年齢の幅に多少の違いはありますが、大体このくらいの年齢の商品が多いです。
・乳児用(ベビーシート)
使用期間:新生児~1才まで(13kg未満)
特  徴:寝た姿勢で乗せられるベッドタイプ。
進行方向に対して後ろ向きに使用する。
クーハンとして持ち運びできるタイプのものもあります。
専用パーツを購入してベビーカーとして使用できるものもあります。
比較的軽量ですが、身体の大きい子だと1歳まで使用できないことが多い。
・乳児・幼児兼用
使用期間:新生児~4歳頃まで(18kg未満)
特  徴:日本では最も人気のタイプ。
進行方向に対して後ろ向きに使用するベビーシート、前向きで使用する
チャイルドシート、2種類の使い方が可能。
異なったタイプの使い方ができるので、構造が複雑になっていて重量がある。

<各メーカーの特色>
・アップリカ
身体が未熟な新生児期は「平らなベッド」で守り、ひとり座りができる頃からシートを起こして守るという
3ステップのチャイルドシートがあります。
特に6ヶ月頃までの新生児の身体の負担を考えた「フラットタイプ」のチャイルドシートにこだわりを感じます。

・日本育児
世界が認めた安全性safety1stやヨーロッパ基準に対応したチャイルドシートを展開。
車への設置が簡単で、ママにも使いやすい。

・レカロ
自動車シートメーカーで培った技術を採用しているので、安全性と座りごこちはトップクラス。
独創的なデザインで、心地よくドライブできるよう素材にもこだわっている。

・グレコ
基本の機能がしっかりしている、シンプルでお手ごろ価格のチャイルドシートを展開。

・コンビ
安全性と衝突時の衝撃を背中全体で分散できる安全角度にこだわったチャイルドシートを展開。
お母さんに抱っこされている時の角度に近く、赤ちゃんが安心できるように設計されている。

各メーカーによって特色となるポイントを上手にピックアップして、できるだけ店舗で実物を触ってみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。